プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


2018/01/24

REAGAN YOUTH( レーガン・ユース) 『COMPLETE YOUTH ANTHEMS FOR THE NEW ORDER 』

The Complete Youth Anthems forThe Complete Youth Anthems for
Reagan Youth

Cleopatra 2016-03-31
売り上げランキング : 822454

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

80年から90年にかけてニューヨークで活動していたアナーコパンク・バンドの16年に発表された全作品を網羅したコンプリート盤。ここに収録されている作品は、83年と84年に発表された作品をまとめた『Volume1』と解散することが決まったあとに録音された『Volume2』の両作品をまとめたCDが一枚、98年に発表されたライヴ盤『Live&Rare』と、84年にレコーディングされた未発表の7インチEPが2枚、CDと7インチレコードを合わせた計4枚、全69曲が収録されている。そこにブックレットと缶バッチが付いた内容だ。

ニューヨーク出身の彼らだが、その存在は異彩を放っていた。アルバムジャケットのKKKの儀式とナチスに忠誠を誓うヒットラーの写真には、逆説的で皮肉な意味が込められていた。一見保守色の強い政治思想に思えるが、実際には反人種主義、社会主義、アナーキズムな思想を掲げていた。彼らはロナルド・レーガンの政策が、キリスト教の権威とアメリカ保守主義、レイシストたちと共通していること自らの持論を述べ、メインテーマとして取り上げていた。彼らの名曲である“Reagan Youth(レーガン・ユース)”では、私はレーガンという一人称で始まり、平和のために異教徒や共産主義を殺すと恫喝し、レーガンの野望と政治政策の恐ろしさを歌っている。彼らがDead Kennedys (デッドケネディーズ)ほど話題にならなかった理由は、ある種のユーモアや冷笑、嘲笑といった要素がなかったからだ。モノトーンの不気味なジャケットからはクラスの影響が強く、まさにクラスのアメリカ版というバンドだった。それとぱっと見右寄りの思想に思える分かりづらい皮肉に満ちたアティテュードを持っていた。個人的にはややインパクトに欠けたその2点が、彼らがそれほど話題にならなかった理由に思える。

肝心の内容だが、レコーディング曲が収録された『Volume1』では、スピーディーなハードコアな曲から、多彩なメロディーフレーズが特徴的なパンクまで、じつに色々な要素を感じる。とくにクラスやダムドからの影響を色濃く感じ、そこに多彩なメロディーフレーズやスピーディーなハードコアなどをちりばめている。そしてライヴ盤である『Live&Rare』は、勢いや迫力を重視している。とくに面白いのが“レーガン・ユース”という曲。メロディーフレーズが印象的な曲だが、メロディックな要素が一切ない。バリバリと音が割れるノイズギターやブンブンうねるベースの重低音を中心に勢いと迫力のあるライヴを展開している。自らが抱える怒りをリズムに刻み、扇動し過激な方向に周囲を煽っていくライヴには、ロナルド・レーガンと共和党を徹底的に嫌い、戦っている姿が生々しく映しだされている。アルバムとはまた違った魅力のある素晴らしいライヴ作品なのだ。

そんな彼らの活動もレーガンが辞任した89年からモチベーションが下がり、90年に解散する。そして93年にはボーカルのDave Rubinstein (デイヴ・ルビンスタイン)が自殺し、永遠に復活することがないと思われた。だが16年後の06年に、もうひとりの中心メンバーであるギターのPaul Bakija(ポール・ベイキア)を中心に活動を再開する。現在も彼らのモチベーションは失われていない。あまり話題にならないバンドだったが隠れた名盤といえる作品だ。


2017/12/19

VA GIVE ME BACK COMPILATION (ゲット・ミー・バック・コンピレーション)

74664

08年に発表されたコンピレーションアルバム。発売元であるEBULLITION RECORDS(エボリューション・レコーズ)といえばオーナーであるケントがストレート・エッヂに対して尋常でないこだわりを持っていることで知られている。自らがヨーロッパまで足を運び、徹底した現場主義で選び抜かれたバンドのみコンピレーションアルバムに収録。ストレートエッヂに対する尋常でないこだわりをもったレーベルとして有名だ。

そのケントがコンピレーションアルバム第一弾として発表をしたのがこの作品。ここではストレートエッヂに対して、全く触れられていない。だがInternational P.E.A.C.E. Benefit Compilation(インターナショナル・ピース・ベネフィット・コンピレーション)やStone To Mark a Fire(ストーン・トゥ・マーク・ア・ファイヤ)などのハードコア界のコンピレーションアルバムに匹敵するほど、歴史的な価値を持つ名盤なのだ。

ここで取り上げているテーマは、ジェンダーフリーや同性愛者の権利、フェミニズム運動など。性差別を受けている者たちが、平凡な市民生活を送るため、権利獲得を目的とされたベネフィットコンピレーションアルバムなのだ。32ページにわたる小冊子には、ジェンダー問題に関する記事やエッセイが掲載されている。なお売り上げは、ゲイやレズビアンなどの団体と、コンドームなどの避妊薬や乳がんやHIV検査などを無料で行っている非営利団体『プランドペアレントフッド(Planned Parenthood)』、男性に暴力を振るわれた女性が緊急避難できるシェルターサービスの、3箇所に寄付されている。

ここで収録されているのは、BORN AGAINST(ボーン・アゲインスト)、DOWNCAST(ダウンキャスト)、STRUGGLE(ストラグル)、SPITBOY(スピット・ボーイ)、ECONOCHRIST(エコノクライスト)、Seein' Red(シーイン・レッド)、BIKINI KILL(ビキニ・キル)、END OF THE LINE(エンド・オブ・ザ・ライン)、Amenity(アメニティー)、Man Lifting Banner(マン・リフティング・バナー)といったバンドたち。エボリューション・レコーズのXXX SOME IDEAS ARE POISONOUS(XXX・サム・アイデアズ・アー・ポイズネス)やILLITERATE COMPILATION(リトルレイト・コンピレーション)などのコンピレーションアルバムとは違い、ボーン・アゲインストやビキニ・キルなど、有名なバンドたちが参加している。

Riot Grrrl(ライオットガール)というパンクバンドのフェミニズム運動の中心人物であったビキニ・キルは、ロカビリー調のパンクナンバーで、生きていくために援助交際をしている女性の心情を歌い、男女平等やジェンダーフリーを訴えつけているサンフランシスコの女性アナーコパンク・バンドのスピットボーイは、パーティーで男性に性的嫌がらせを受けたことについて歌っている。ニューヨークハードコアの裏番長といわれるボーン・アゲインストは、容姿だけですべて判断する美女コンテストを痛烈に批判し、LOCUST(ロカスト)やRETOX(リトックス)の中心メンバーでも知られるJustin Pearson(ジャスティン・)が在籍するサンディエゴのSTRUGGLEは、マッチョイムズの男性が女性よりも優れていると錯覚し、性的虐待や差別をすると歌っている。そしてレーベルオナーでありケント率いるダウンキャストは、ゲイやレズヒアンなどの同性愛は、自己表現のひとつであり、彼らの愛の形を否定すれば、自分たちが愛を知らない人間だと訴えている。どのバンドもジェンダーフリーに対する見解や感情論、主張も異なるが、性差別に対して解消する必要があるという部分では共通しているのだ。

当時、激情コアの始祖的な存在のバンドが収録され、音楽的にも最先端のバンドが収録されていた。ハードコアの定義のひとつに“行動を起こす”という信念がある。そういった意味では、まさしくハードコアらしいコンピであるし、ジャンダーフリーという価値観を提示した意味では、ものすごく価値のある作品なのだ。

2017/12/13

SECT (セクト)  『NO CURE FOR DEATH (ノー・キュア・フォー・デス)』

No Cure for DeathNo Cure for Death
Sect

Southern Lord 2017-11-23
売り上げランキング : 7745

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヴィーガン・ストレートエッヂ思想を掲げるハードコアバンドの2作目。あいかわらずブレることのない信念を貫き、尋常でない怒りに満ちた熱いサウンドを展開している。

今作でも前作同様のバリバリの轟音を立てるノイズ系ハードコアを踏襲している。だが前作よりも破壊力と激しさと強度が増し、よりパワーアップしている。基本的にはミディアムテンポのハードコアと、怒涛のブラストビートのドラムに、スピーディーでパワーヴァイオレンスな曲が交互に入れ替わる展開。それにしてもものすごいギターの音圧とノイズの嵐の轟音だ。そして怒りの言葉を吐き捨てる雷のような怒声に満ちたボーカル。スローテンポな曲では、怒りの言葉が鮮明に伝わるようじっくりと聴かせ、スピーディーな曲ではギターの音圧とノイズの津波が体全体に被いかぶってくるような圧倒的な音の迫力がある。

そこにあるのは尋常でない怒り。怒りの根源にあるのは、彼らのヴィーガン・ストレートエッヂ思想に対するこだわりのせいなのかもしれない。彼らの考えるストレートエッヂ思想とは、地域性や歴史、信仰する理由によって考え方がかなり異なるものだという。ポップでおおらかな部分もあるという。それに比べヴィーガンは、人間だけが利益になることを嫌い、生物全体の生命の尊厳が守られなければいけないものだと、彼らは考えている。そのためには行動に出ることも厭わないという。そんな生命の尊厳を守らない人間に対する怒りが、この作品には尋常でなくにじみ出ているのだ。その尋常でない怒りと津波のような爆音ノイズ。どれをとっても前作以上に素晴らしい作品だ。

2017/11/30

Quicksand (クイックサンド) 『Interiors (インテリア)』

InteriorsInteriors
Quicksand

Imports 2017-11-09
売り上げランキング : 17691

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

じつに22年ぶりとなる3作目。90年代を代表するポスト・ハードコア・バンドで、ニューヨーク・ハードコアの重鎮としても知られ、2作を発表して瞬く間に解散。活動期間が短く、正直この先アルバムを発表するとは思っていなかったが、ここにきてまさかの再結成。

個人的にウォルター・シュレイフェルズが結成したバンドのなかでで一番好きなのはクイックサンド。その理由は独特な世界を持っているから。その世界観とは、シュールレアリスムのような奇怪なものや幻想に価値を見出すアンビバレンスな美しさ。まるでクレパスの底で瞑想しているような暗く深い孤独な静謐。聴くものに落ち着きとまどろみと恍惚を与えてくれる秩序と混乱が入り乱れた幻想的なサウンド。そんな世界観がぼくは好きだった。

そして発表された今作では、まさにぼくが求めていたクイックサンドが帰ってきたという内容の作品。過去のイメージが鮮烈すぎるバンドほど、期待外れに終わるケースがあるが、彼らに限ってはそんなかとはなかった。

そのサウンドだが、1作目(『Slip(スリップ)』)のエコー&ザ・バニーメンをハードコアに解釈したサウンドに、2作目(Manic Compression『マニックコンプレッション』)のノイズギターと、トリッキーでサイケデリックなテクニカルなギターサウンドをたして2で割ったような内容。1作目と2作目のいい部分を合わせた作品なのだ。サイケデリックなギターの揺らめき、穏やかさと厳かさ、微睡みと恍惚など、メロディーとノイズと低音と高音が高速のスイッチのように入れ替わるサウンド。彼らはまったく変わっていない。ここにはまさにぼくが求めていたクイックサンドの理想のサウンドがあるのだ。個人的には今年のベスト10に確実に入ってくる作品だ。

2017/11/17

Anti Flag(アンタイ・フラッグ)  『American Fall (アメリカン・フォール)』

AMERICAN FALL [CD]AMERICAN FALL [CD]
ANTI-FLAG

SPINEFARM RECORDS 2017-11-02
売り上げランキング : 1854

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まぎれもなく彼らが現在のポリティカル・パンク・ハードコアの代表だろう。ペンシルベニア州ピッツバーグ出身のパンクバンドの新作は、初期のころから一貫してポリティカルな姿勢を貫き、反戦運動、反帝国主義、階級闘争、人権擁護など、労働者階級の立場に立ち、強者を優遇する政権批判をする活動を続けてきた。とくに02年発表の『Mobilize(モビライズ)』では、911の報復戦争をするブッシュ政権をやり玉に挙げ、戦争や死亡者を出さない平和的な解決を主張していた。争いごとの根源である宗教問題や人種差別、貧富の差という垣根を超え、団結を目指す。そんな理念を訴えてきたバンドなのだ。

いままで彼らは、メジャーでのリリースやEP、コンピレーション・アルバムなどを含め、過去に39もの作品を発表している。だが全作品を通してポリティカルな姿勢が貫かれている。彼らのサウンドは、典型的なメロディック・パンクだ。だが細部ではいろいろなものを取り入れている。ポップでメロディックな曲から、熱くヘヴィーでタイトなハードコアな曲など、感情のふり幅も広く、パンクだけに限っては、狭く深くいろいろなものを取り入れている。今作でもランシドのようなご機嫌なスカナンバーなど、新しいタイプの曲がある。だが持ち前のポップでさわやかなメロディック・パンク・サウンドは健在だし、メロディーフレーズを強調した部分は変わっていない。

オリジナルアルバムとしては10作目となる今作では、トランプ大統領を生んだ保守的で自己中心的なアメリカ国民への批判と、トランプが掲げる人種差別や偏見への抗議、新自由主義が生んだ貧富の格差への非難など、アメリカの社会問題がテーマになっている。だがそのわりには、シリアスさや怒りといった感情は感じられない。総じてポップでさわやかだ。その理由は、おそらく怒りよりも、虐げられた者が団結して悪い状況を変えていこうとする集団の力を重視しているからではないか。聴いて鼓舞される感情は、団結心を喚起し、体制に立ち向かっていくような勇気。あくまでも一人での戦いでなく集団での戦いなのだ。アメリカにはトランプに代表される自己中心的な集団もあれば、オバマ前大統領のように世界平和や環境保全、人種平等など世界秩序を理想とする集団も同じ数だけいる。光と影のような両面性がある。それがアメリカという国の特徴なのだ。だから反対側が劣勢に立たされている現在、なんとか盛り上げ数を増やしていく必要があるのだ。そういう意図があって、人々が親しみやすいようにポップに作られている印象を感じる。月並みな表現になってしまうが、アメリカでも表現の弾圧や規制が始まった昨今、彼らはブレることなく一貫して信念を貫いている。その姿勢には頭が下がる思いだ。ものすごく価値のある作品なのだ。

2017/11/02

The Kominas (ザ・コミナス) 『Stereotype (ステレオタイプ)』

A1166260763_10


マサチューセッツ州出身のパキスタン系アメリカ人のよるパンクバンドの15年に発表された4作目。彼らはマイケルムハンマドの小説、『Taqwacores(タクワコア)』によって、その存在を世間に知られるようになったバンドだ。

彼らは政治的な問題を歌うよりも、イスラム教徒の世間的な話題に重点を置いているという。そのためそんなにシリアスなアティテュードを持っていないようだ。あくまでも音楽に重点を置いた活動をしているという。

その音楽性は、トルコやイランなどの中近東の音楽やパンジャブ民族音楽、サーフロック、レゲェやダブと、パンクとの融合。1作目の『Wild Nights in Guantanamo Bay(ワイルド・ナイツ・イン・グアンタナモ・ベイ)』で中近東音楽とパンクとの融合を目指し、2作目の『Escape to Blackout Beach(エスケープ・トゥ・ブラックアウト・ビーチ)』でアジアンなメロディーに、スカやレゲェを融合した。3作目の『Kominas(コミナス)』ではスカやレゲェを突き詰めた。そして4作目となる今作でも、前作のレゲェとパンク路線を踏襲している。

とくに変化したのはリズムで、スローテンポな曲が増えている。“Again & Again”は低音グルーヴのレゲェな曲で、“See Something, Say Something”は空間を切り裂くダブな曲。全体的にパンクな曲は少なくなったが、バラエティーに富んだレゲェの曲が増えた。そこには南の島をイメージさせるトロピカルで美しいメロディーがあり、ゆったりとした脱力ムードが漂っている。そこには民族問題や社会問題をシリアスに捉えず、社会風刺としてとらえているような穏やかさがある。

ひとつの音楽性にとどまることを嫌うバンドなのだろう。この作品でもいろいろなことにチャレンジしている。意欲的な作品だ。

 こちらから購入可能

2017/10/23

LIFELESS(ライフレス) 『 No Love For The World (ノー・ラブ・フォー・ザ・ワールド)』

Index

No Love for the WorldNo Love for the World
Lifeless

Fwh Distribution 2011-10-20
売り上げランキング : 1570383

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ニュージャージ出身のニュースクール系ハードコアの11年に発表されたデビュー作。彼らもまたアースクライシス以降のスローでグルーヴを重視したニュースクール・ハードコアから進化したバンドなのだ。サウンド的にはMERAUDER(メラウダー)やALL OUT WAR(オール・アウト・ウォー)をもっとヘヴィーに、金属質なリフとデスメタルの要素をさらにパワーアップさせたサウンドだ。

巨大なハンマーで叩き潰すような暴力的なリフ。苦痛のなかで生まれたうめき声や怨霊に近いボーカルの怒声。そこにあるのは圧倒的な音の迫力と憎悪や苦痛。バンド名のLIFELESS(ライフレス)とは、生気や覇気がない、死んだようなという意味。そのバンド名が示す通り、彼らの歌っている内容は、生きることへの苦しみや憎しみや絶望など。おおよその自己破壊的な要素が詰まっている。

アティテュードこそ真逆の位置にいたEARTH CRISIS(アース・クライシス)とメラウダーだが、外の世界に対して闘争的だった部分で共通していた。その2バンドと比べると、彼らのサウンドはあきらかに内省に根付いている。ニュースクール・ハードコアのなかでも異質なアティテュードを持った存在だったといえるだろう。その憎悪と苦痛に彩られた迫力あるサウンドは、彼らにしかない魅力が詰まっている。

2017/10/11

Free (フリー) 『Ex Tenebris (EX・テネバリス)』

Ex Tenebris [7 inch Analog]Ex Tenebris [7 inch Analog]
Free

Warner Proper 2017-06-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マサチューセッツ州はボストン出身のハードコアバンドのデビューEP。まさにハードコアのなかのハードコアといえるサウンドで、ハードコア・パンクよりのアグレッシヴで攻撃的なサウンドが魅力のバンドだ。

ほとんどが解散したHave Heart(ハヴ・ハート)からの移行組で、在籍メンバーの経歴はGive(ギヴ), Mindset(マインドセット), NYC Headhunters(NYCヘッドハンターズ), Sweet Jesus(スウィート・ジーザス)など、東海岸を代表するハードコア・シーンの第一線で活躍。とくにHave Heartは、ストレートエッヂで、自分が正しいと思ったことを行動しろと、自らのパンク思想をライブに来る観客に向かって訴え続けている熱いバンドだった。FreeもHave Heartのアティテュードを踏襲し、自分たちができる正しい行動とは?とか、無駄と分かっていてもそれでも立ち向かっていく姿勢など、意識改革や問題提起を投げかけている。

パーカー姿に怒声のボーカル、シンガロング・スタイルからは、同郷のBANE(ベイン)からの影響を多大に感じる。サウンドは前身のバンドHave Heartのテクニカルな部分やクリーンな録音を徹底的に排除し、勢いと怒りという衝動で、体力と精神力のすべてを振り絞り突き抜けていく。Have Heartをより破壊的によりノイジーにパワーアップしたサウンドなのだ。

破壊音のようにブンブンうねるベース。土石流のような勢いで迫ってくるギター。天を衝く怒りのようなボーカル。体中の気合を集め全身全霊を注ぐ攻撃的なサウンドからは、立ち向かっていく気迫と勇気に満ちている。弱さは微塵も感じない熱いサウンド。ゆるぎない信念と熱い魂を持ったハードコアバンドなのだ。

2017/10/02

Brun (バーン)  『 Do or Die (ドゥ・オア・ダイ)』

Do Or DieDo Or Die
Burn

Deathwish Inc 2017-09-07
売り上げランキング : 25615

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


89年から活動し、ニューヨーク・ニュースクール・ハードコア・シーンを代表するバンドのひとつでもあるBrun(バーン)の初のフルアルバム。28年の活動のなかで、いままで4枚のEPを発表しているが、フルアルバムは初めてである。昨年発表された『From The Ashes(フロム・ザ・アッシュズ)』で、手ごたえと演りたい音楽性が固まったのか、1年という短いスパンで今作は発表されている。

前作『From The Ashes(フロム・ザ・アッシュズ)』は、ピップホップなリズムとボーカルの韻に、Rage Against the Machine(レイジアゲインストザ・マシーン)のような扇情的なギターが、怒りや苛立ちを刻んでいくようなサウンドだった。今作でもそのサウンド路線は踏襲され、さらに突き詰めている。

The Dillinger Escape Plan (デリンジャー・エスケープ・プラン)のような目まぐるしく変わる展開に、HELMET(ヘルメット)のトリッキーで変則的なリズムのギターのリフ、オールドスクールなスピーディーなハードコアに呪術的なコーラスを取り入れた意外性、スローテンポから突如加速していくドラム、エフェクターの歪みを利かせたギターなどの要素を、溶鉱炉にぶち込み、金属質に固く重く鋳造した。怒りをたたきつけるようなヒップホップのリズムと、多彩なギターアレンジのリフが印象的なサウンドだが、そこには不安や苛立ち怒りといった感情が漂っている。まるでニューヨークの路地裏のスラムな想起させる薄汚れた匂いだ。

90年代の忘れ去られた古きよきものを現在によみがえらせブラッシュアップしたサウンドで、ハードコア特有のテンションの高さやストレスを発散させるような爽快感はない。だがグルーヴとニューヨークの危険な匂いと雑多性という空気感を閉じ込めたサウンドで、アティテュードはまぎれもなくハードコアだ。

2017/09/19

Forced Order (フォース・オーダー) 『One Last Prayer (ワン・ラスト・プレイヤー)』

One Last Prayer
One Last PrayerForced Order

Triple B. Records 2017-09-22
売り上げランキング : 121120


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


TWITCHING TONGUES (トゥイッチング・タングス)、HARNESS (ハーネス)、DISGRACE (ディスグレイス)などの、現在を代表するカルフォルニア・ハードコア・シーンの豪華メンバーからなるバンドの2作目。前作『VANISHED CRUSADE (バニッシュド・クルセイド)』は、IN COLD BLOOD(イン・コウルド・ブラッド)系の硬質でメタリックなギターとスピーディーなハードコア路線に、勢いと迫力がさらに増したサウンドを展開していた。

基本的なサウンド路線は今作も変わらない。だが前作よりも迫力が増している。とくに変化が顕著なのは、ニュースクール・ハードコア的なアプローチと、メタルなギターソロが増えた部分。ここでいうニュースクールの要素とは、スローテンポなリズムとヒップホップな歌い方。その要素が加わったことによって、曲のバラエティーが増えた。これほどスピーディーなハードコアを展開しているバンドがニュースクール的なアプローチを加えると、曲がばらばらになり、大抵が音のまとまりがなくなる。だが彼らの場合、ニュースクールを一部分として取り入れ、終始アグレッシヴな闘争心と熱気で統一されているから、一貫性のあるサウンドになっている。音楽に対する情熱もありモチベーションも高く、前作に引き続き、エネルギッシュで気迫に満ちたいい作品だ。

«Really Red (リアリー・レッド) 『Teaching You the Fear: the Com (ティーチング・ユー・ザ・フィア:ザ・カム) 』

スポンサードリンク


最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポンサードリンク