« THE ALL AMERICAN REJECTS | トップページ | THE ALL AMERICAN REJECTS『WHEN THE WORLD COMES DOWN』 »

THE ALL AMERICAN REJECTS『MOVE ALONG』

 

ムーヴ・アロングムーヴ・アロング
オール・アメリカン・リジェクツ

USMジャパン 2009-03-04
売り上げランキング : 5683

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 なにやら水しぶきが飛び散るようなピアノやキーボードがなくなり、激しいコードギターが中心になったサウンドに変化した2nd。といっても、ハイテンションで歌うボーカルや、真夏の日差しのような明るい開放感に変わりはない。変わったところといえば、これまで抑えていた、ゴージャスで派手な、80年代のアメリカンロック的要素が全面に出たところか。ほかにも蛙の鳴き声のような擬音やカッティングギターや、賛美歌のようなコーラスなど、いろいろなものを取り入れている。どれを取っても彼らのテクニックや趣味が爆発している。ほかにも若干愁いを帯びたバラードなど、新機軸がある。 この作品では、パワーポップやエモからの影響はまったく感じない。80年代MTVやアメリカを席巻していたゴージャスなアメリカンロックを取り入れ、恥じらいもなく堂々とリスペクトしている。そういった意味では、オルタナやメロコアなどのインディーロックからの影響が強いエモシーンでは、まったくもって新しいサウンドだ。歌詞は、お互いの悩みや苦労を話し合って共に乗り越えていこうとか、お互いの気持ちのすれ違い、別れを自分から切り出すなど、個人的な自分の気持ちよりも、自分から見た彼女や他者という視点で語られている。相手の気持ちを理解した上での歌詞だから、慰められ、励まされる。アメリカンロックを現代に復活させ、オクラホマ特有の開放感と融合させた。それが彼らの目指していた音楽スタイルなのだろう。そうった意味ではこの作品でその個性を完成させた。ハイブリットな作品だ。

|

« THE ALL AMERICAN REJECTS | トップページ | THE ALL AMERICAN REJECTS『WHEN THE WORLD COMES DOWN』 »

A」カテゴリの記事

T」カテゴリの記事

エモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/44222596

この記事へのトラックバック一覧です: THE ALL AMERICAN REJECTS『MOVE ALONG』:

« THE ALL AMERICAN REJECTS | トップページ | THE ALL AMERICAN REJECTS『WHEN THE WORLD COMES DOWN』 »