プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« HELLOGOODBYE『ZOMBIES! ALIENS!VAMPIRES! DINOSAURS!』 | トップページ | ROOKIE OF THE YEAR『SWWET ATTENTION』 »

2009/04/01

Cash Cash (キャッシュ・キャッシュ) 『Take It to the Floor (テイク・イット・トゥー・ザ・フロアー)』

Take It to the FloorTake It to the Floor
Cash Cash

Universal Republic 2009-01-20
売り上げランキング : 2121

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ダンスエモの新しい形。ここまでくると、もうテクノポップしかいいようのないサウンド。70年代のアフロファンクやハウスなどのディスコサウンドを中心に、朝露のようにキラキラ輝くシンセや、70年代のファンクギター、闘牛士のイントロなどを詰め込み、まるでおもちゃ箱のように、騒然と明るくにぎやかに鳴っている。だがボーカルの歌メロからは、メロディックパンクやエモの影響を感じる。そこには80年代のバフル期のような、ミラーボールが舞う華やかなスノッブさはない。思春期特有の輝ける未来への明るさや、夢と希望や情熱といった、初々しさにあふれている。流行に関係なく好奇心が赴くままに、無邪気に、ファンクを楽しんでいる姿が、エモと呼ばれるゆえんだろう。ファンクなどの古きよきサウンドを、現代風にアレンジする音楽センスは、デジタルエモのなかでは、頭ひとつ抜けた存在だ。

« HELLOGOODBYE『ZOMBIES! ALIENS!VAMPIRES! DINOSAURS!』 | トップページ | ROOKIE OF THE YEAR『SWWET ATTENTION』 »

C」カテゴリの記事

エモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/44528914

この記事へのトラックバック一覧です: Cash Cash (キャッシュ・キャッシュ) 『Take It to the Floor (テイク・イット・トゥー・ザ・フロアー)』:

« HELLOGOODBYE『ZOMBIES! ALIENS!VAMPIRES! DINOSAURS!』 | トップページ | ROOKIE OF THE YEAR『SWWET ATTENTION』 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク