« ALL TIME LOW『SO WRONG,IT'S RIGHT』 | トップページ | LUNAR FICTION『ダズ・エニバディ・リメンバー・ラフター』 »

RANCID『LET THE DOMINOES FALL』

レット・ザ・ドミノズ・フォール(初回生産限定盤)(DVD付)レット・ザ・ドミノズ・フォール(初回生産限定盤)(DVD付)
ランシド

SMJ 2009-06-03
売り上げランキング : 29874

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ん~。枯れた円熟味というか、妙にユルユルになってしまった印象を受ける。じつに6年ぶりとなる7作目は、カリプソとかカントリーなどの新機軸を見せながらも、いつものランシド節は健在。クラッシュやラモーンズを下地にした初期パンクに変わりはない。変わったところといえば、ウクレレっぽいギターの、極端にミニマムな曲などがある。そこでは、南の島の穏やかな夕暮れ時を連想させ、日が暮れ一日が終わる寂しさと、さざ波が砂浜をひっそりとぬらす、のどかな雰囲気が漂っている。

 でもランシドって、パンクスの格好をした労働者階級特有の、育ちの悪さからくる情念が魅力ではなかったのか。たとえばハードコアを基調とした2ndや5stでは、荒くれた不良の匂いがガンガンに漂っているし、スカを推し進めた3rdや4stでは、貧しい黒人たちへのリスペクトやシンパシーが感じられた。嬉しさや悲しさ楽しさといった感情がスパークし、激しいエナジーを飛び散らせていた前作までと比べると、今回はやけに丸くなった印象を受ける。だが、けっして悪い作品ではない。富裕層や体制側には中指を立てているし、媚びていない。いい意味でチープな録音で、味わい深いギターの音色を出している。ただ今回、癒しやまったりした方向に向かっただけだ。その時々のリアルな精神性が反映されている。そういった意味では、純朴で素直な人たちなんだろうな。

|

« ALL TIME LOW『SO WRONG,IT'S RIGHT』 | トップページ | LUNAR FICTION『ダズ・エニバディ・リメンバー・ラフター』 »

R」カテゴリの記事

ニューパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/45560333

この記事へのトラックバック一覧です: RANCID『LET THE DOMINOES FALL』:

« ALL TIME LOW『SO WRONG,IT'S RIGHT』 | トップページ | LUNAR FICTION『ダズ・エニバディ・リメンバー・ラフター』 »