« ケント『ヴァペン&アミュニション』 | トップページ | ケント『DU&JAG DÖDEN』 »

KENT『B-SIDOR 95-00』

B-Sidor 95-00B-Sidor 95-00
Kent

RCA 2006-06-22
売り上げランキング : 340985

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 95年から00年までに発表されたシングルのB面を集めた裏ベスト集。00年に発表された5枚目。ディスク1が『ハグネスタ・ヒル』と『イソラ』のころをまとめた内容で、ディスク2が『ヴェルゲンセン』と『ケント』のころをまとめた内容。ディスク1では、新曲2曲を含む、静謐で穏やかなバラード曲が大半をしめている。たいするディスク2では、アコースティックの素朴な曲から、ギターロックナンバー、シンセなどを導入した曲など、若干実験性に富んだ曲がある。
 
 それにしても、このアルバムのクオリティーの高さには驚かされる。どの曲もオリジナルアルバム以上に清冽で透明で綺麗。しかもロマンティックな曲ばかり。捨て曲が一曲もない。いかにこのバンドが、ロマンティックな曲を作るソングライティングに優れた才能を持っているのか理解できる。オリジナルアルバムでは、あえて耳障りなアクの強いメロディーの曲を入れている。そのあたりに、このバンドがアルバムの流れ(物語性)を重視していることが理解できる。まるで塩を振ってスイカの甘みが引き立つように。

 そのほかに目立ったところでは、ディスク2に“ヴェルゲンセン”という2枚目のタイトル曲が収められている。この曲をB面に回すあたりに、おそらく、曲作りを進めていくうちに“ヴェルゲンセン”よりもいい曲が出来たから、アルバムから外すことになったのではないか。ある程度アルバムのコンセプトや方向性が決まっていたなかで、タイトル曲という自信のある曲を外し、ほかの曲と入れ替えたあたりに、一切の妥協なく、徹底的に練りに練ってアルバムを作っているのが伺える。

 全体的にインパクトの強いメロディーの曲がなく、綺麗なメロディーがスムーズに流れていくように進んでいく。だから印象に残る曲は意外と少ない。だがケントのなかで一番好きなアルバムが『ハグネスタ・ヒル』のぼくとしては、このアルバムは同じくらい好きだ。それほどクオリティーは高い。ジャケットが物語るように、北欧の美しい世界観が、一番反映されたアルバムだ。

|

« ケント『ヴァペン&アミュニション』 | トップページ | ケント『DU&JAG DÖDEN』 »

K」カテゴリの記事

オルタナティヴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/47131173

この記事へのトラックバック一覧です: KENT『B-SIDOR 95-00』:

« ケント『ヴァペン&アミュニション』 | トップページ | ケント『DU&JAG DÖDEN』 »