« ザ ガスライト アンセム 『セニョール アンド ザ クイーン』 | トップページ | THE GASLIGHT ANTHEM 『アメリカン・スラング』 »

THE GASLIGHT ANTHEM 『THE '59 SOUND』

The ’59 SoundThe ’59 Sound
ザ・ガスライト・アンセム

インディペンデントレーベル 2009-03-04
売り上げランキング : 94396

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 08年に発表された2作目。個人的にこのアルバムが一番好き。サウンドフォーマットこそ、前作と比べさほど大きな変化はないが、確実に深化を遂げ、情緒の詰まった作品に仕上がっている。

 今作では、初期ジミー・イート・ワールドのような繊細なメロディーが特徴のエモと、ソーシャル・ディストーション系のルーズで荒々しいパンクを中心に、繊細で疾走感あるサウンドを奏でている。

 とくに2曲目の疾走感。ブルース・スプリングティーンの『明日なき暴走』のようなやるせない気分を抱えながら、走り抜ける労働者の悲しさがある。そこには強がった男の弱い一面や、戦い続けて疲弊した労働者の姿があり、先のみえた将来への絶望や、自己の行動に対する無力さや切なさが漂っている。

 なにかの文章で音楽ライターの山口智男さんが古きよきアメリカの郷愁を表現したサウンドだと書いてあったが、その通り、チャールズ・ディスケンスの小説を引用した歌詞には、<62年の歌を口ずさむ>、<59年代の歌が流れてくる>、<55年式のリンカーン>などのキーワードが出てくる。

 そこにはまるで大自然にあふれた地方都市が開発され自然が失われてしまったときのような喪失感と、楽しかった思い出を振り返るときに感じる一抹の寂しさが漂っている。楽しかった日々や、失われてしまった光景はもう二度と戻らないのだ。そんなときに感じる寂寥とした思いだ。そんなアメリカの憧憬をガスライト・アンセムは描こうとしている。

 この男臭く切ない繊細でイノセントなサウンドを聴いて感動しないやつは、ロックを聴かないほうがいいだろう。

|

« ザ ガスライト アンセム 『セニョール アンド ザ クイーン』 | トップページ | THE GASLIGHT ANTHEM 『アメリカン・スラング』 »

G」カテゴリの記事

T」カテゴリの記事

オルタナティヴ」カテゴリの記事

パンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/50015031

この記事へのトラックバック一覧です: THE GASLIGHT ANTHEM 『THE '59 SOUND』:

« ザ ガスライト アンセム 『セニョール アンド ザ クイーン』 | トップページ | THE GASLIGHT ANTHEM 『アメリカン・スラング』 »