« ヒット・ザ・ライツ  『スキップ・スクール・スタート・ファイツ』 | トップページ | BOYS LIKE GIRL 『LOVE DRUNK』 »

オーシャンレーン 『アーバン ソネット』

Urban SonnetUrban Sonnet
OCEANLANE

ハウリング・ブル・エンター 2010-12-08
売り上げランキング : 3701

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 まるで鬱蒼と茂る森を歩いているような深い静寂と、冬の青く透き通った空を眺めているような悲しみ。脆くも儚い叙事詩。ギリシャ美術のような芸術的で美しい作品。

 通産5枚目にして完成度の高い作品を提示したオーシャンレーン。いままでビューティフルバンドという呼び名で語られてきたが、今作では明らかにその範疇を超えている。3作目のロック路線に、いままでとは違ったビューティフルな要素をふんだんに盛り込んだ、集大成的な内容だ。

 今作では都市生活に潜む悲哀がテーマになっているそうだ。だからなのか、どこか他人と透明な壁一枚はさんだような孤独や疎外感といった感情を感じる。オーシャンレーンの特徴である透き通ったような脆くも儚い美しさこそ変わらない。だが、優雅なピアノと清冽なギターが織り成すハーモニーや、くるくるとメロディーが入れ替わるギターフレーズにいたるまで、都会の煩雑さのように複雑に入り組んでいる。シンプルなメロディーが持ち味だった前作と比べると、大きく変化した。とくに7曲目の『フォーリング・ダウン』。嗚咽した感情が上がっていくサビのコーラスからいきなり静寂なキーボードに流れ込む展開は、意外性に富んでいるし、8曲目の『バトルグランド』では、まるで人が死を悔やむかのような厳かな雰囲気の悲しみがある。そして最後の『クライアーズ・オブ・ザ・ウルヴァース』では、混乱した頭のなかのようにサイケデリックで、意外な展開で終わる。どの曲もギターフレーズやメロディーにとことんこだわり、アレンジ違えば曲調も違う。歌い方にいたるまで、すべてを変えている。00年以降のUSインディーズを徹底的に分析し取り入れ、いままで日本にはなかったメロディーを追求した。その情報量がハンパじゃない。それほど曲が練られているし、完成度がものすごく高いマニアックな作品だ。

 話は変わるが、ぼくは現在のインディーバンドに、ネガティヴな印象を抱いている。その理由はインディーでしか出せないサウンドを追求しているバンドがあまりにも少ないからだ。むかしはインディーからメジャーに移籍するのが夢だった。ダイヤの原石みたいなバンドは、メジャーに買収されていった。なかにはインディーズ時代よりもとがった音を追求するバンドもいれば、メジャー用に音がソフィスケートされ、ポップになったバンドもいる。メジャー移籍こそ、有名になるための手段だった時代があった。

 その流れが変わったきっかけはハイスタがメジャーからインディーへ移籍してから。DIY精神が流行り、メジャーへセルアウトするのではなくしっかりと自分の主張を持ち、インディーで活動することがカッコいいという風潮が生まれた。先駆者のハイスタは良い。だがその後、雨後の竹の子のように増殖したメロディックパンクのフォロアーたちがこだわるインディーズ精神というものに、ぼくはある種の嫌悪感を抱いていた。

 インディーからメジャーへ移籍するが、決して悪いことだと思っていない。オリジナルティーを持ったいいバンドはインディーだろうが、メジャーだろうが、周りから評価される。むしろメジャーに移籍して敏腕プロデューサーの手によって、そのバンドが光り輝くなら、メジャーへ移籍したほうがいいとさえ思っている。

 ここで言いたいのは、メジャーの選別から落ちたB級バンドたちが、「メジャーはクソだ、俺たちはDIY精神にこだわる」や「俺たちはセルアウトしない」など、自己欺瞞に満ちた発言をしているという事実だ。自分たちの才能のなさをインディー精神へのこだわりでごまかし、才能あるバンドかのように装っている。それがいように腹が立つ。こういったバンドたちがインディーの質をさげ、さらに悪い状況を生み出している。

 そんななか、オーシャンは究極のインディーポップを追求した。おそらくこの作品をメジャーレーベルから出せば、難解さは取っ払われ、解りやすく手直しをされていただろう。芸術的で複雑な世界観は損なわれていたはずだ。このマニアックで実験的なサウンドは、インディーでしか作りだすことが出来ない。それこそがオーシャンがインディーで出す意味であり、メジャーでは奏でることの出来ない究極のアンダーグランドポップなのだ。ノー天気にハッピーなラブソングばかりを歌っている3コードのロックしか能がない、ほかのインディーバンドたちとは明かにレベルが違う。複雑な実験性と暗く美しいポップさに富んだ真のインディーポップだ。

|

« ヒット・ザ・ライツ  『スキップ・スクール・スタート・ファイツ』 | トップページ | BOYS LIKE GIRL 『LOVE DRUNK』 »

O」カテゴリの記事

エモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/50452331

この記事へのトラックバック一覧です: オーシャンレーン 『アーバン ソネット』:

« ヒット・ザ・ライツ  『スキップ・スクール・スタート・ファイツ』 | トップページ | BOYS LIKE GIRL 『LOVE DRUNK』 »