« BAD RELIGON  『No Substance』 | トップページ | BAD RELIGON  『The Process of Belief』 »

BAD RELIGON  『The New America』

ザ・ニュー・アメリカザ・ニュー・アメリカ
グレッグ・グラフィン バッド・レリジョン

エピックレコードジャパン 2000-05-24
売り上げランキング : 188626

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 グレッグ・グラフィンの憧れの存在でもあるトッド・ラングレンをプロデューサーに迎え、製作された00年発表の11作目。ここではUK初期パンクのような8ビートの曲と、切ない悲しみに満ちたバラードがメイン。今作もルーツ回帰の動きがあるが、前作とは対称的。音は軽くメロディーを重視している。グレッグ・グラフィンのボーカルもいつになくソウルフルに歌い上げている。もはやここまでくるとバッド・レリジョンらしさはない。限りなくグレッグ・グラフィンのソロに近いポップで切ない作品が、個人的にはこの哀愁が好きだ。いままで政治的な内容をおもに歌っていたバッドレリジョンが、ここではじめてパーソルな内容を歌っている。二度と戻れないささやかな過去の時間と思い出について。人間の弱い部分をさらけ出している。その切なさがぐっと来る。

|

« BAD RELIGON  『No Substance』 | トップページ | BAD RELIGON  『The Process of Belief』 »

B」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

パンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/50646134

この記事へのトラックバック一覧です: BAD RELIGON  『The New America』:

« BAD RELIGON  『No Substance』 | トップページ | BAD RELIGON  『The Process of Belief』 »