« QUIETDRIVE | トップページ | ENTER SHIKARI  『Take To The Skies』 »

VALENCIA 『This Could Be a Possibility 』

ディス・クッド・ビー・ア・ポッシビリティーディス・クッド・ビー・ア・ポッシビリティー
バレンシア

Kick Rock MUSIC 2006-04-19
売り上げランキング : 274826

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

08年に発表されたメロディック・パンク・バンドの2作目。ライナーで山口智男さんが書かれていたとおり、一生懸命がんばれば、夢はかなうといった姿勢と、固い決意で力強く前へ踏みだそうとするひた向きな情熱が、彼らの個性だろう。

そんな彼らのサウンドとは、ブリンク182とスターティング・ラインに、イエローカードを合わせ、そこにスライドギターやアメリカンポップスを加え、進化させたメロディック・パンク。前作と比べるとほかの音楽も徹底的に研究しているし、とても勉強熱心な姿勢が窺える。ハードな音楽からの影響も少し窺えるが、その要素をポップにソフィスケートする能力が素晴らしい。

そこに漂う雰囲気とは、冬の透明透き通った空気のなか、沈む夕日を眺めて、一縷の希望を信じるような透明さ。そう彼らだって人生がそんなに甘くないことは知っている。それでもただ純粋にメロディックパンクが好きだから、やり続けるしかないのだ。

その純粋さがキラキラと輝いていて、美しい作品だ。

|

« QUIETDRIVE | トップページ | ENTER SHIKARI  『Take To The Skies』 »

V」カテゴリの記事

メロディックパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/51192896

この記事へのトラックバック一覧です: VALENCIA 『This Could Be a Possibility 』:

« QUIETDRIVE | トップページ | ENTER SHIKARI  『Take To The Skies』 »