« paramore 『all we know is falling』 | トップページ | paramore 『Brand New Eyes』 »

paramore 『Riot』

ライオット!ライオット!
パラモア

ワーナーミュージック・ジャパン 2007-09-05
売り上げランキング : 11341

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 07年に発表された2枚目。タイトル『ライオット』が示すとおり、暴動を示唆するような内容に仕上がっている。個人的にはこの作品を最高傑作に挙げたい。なぜならやや単調気味だった前作と比べると、ヴァラエティーが富んでいるから。初期パンクからエモ、ロカビリー、リヒューズド直系のハードコアなど、パンク系のジャンルに焦点を当て、荒々しい作品になっている。

 でもこの作品の魅力はそれだけではない。初期パンクのような刹那的な勢いと衝動に満ちている。とくに歌詞がすごい。今回も一人称でわたしの気持ちが中心だが、あくまでも強気。自分の気持ちを理解してくれなくても、わたしは成功してみせるとか、あきらめない、戦いの末勝ち取るなどの、自己啓発しているような内容が目立つ。そこに悲観的な要素はまったくない。悲しみや傷心をすべて捨て、いま一瞬のため楽しく生きてやると、線香花火のような輝きを放っている。すべてが現在進行形でアグレッシブ。まさにネガティヴな自分に対する暴動といえるだろう。

 このアルバムを発表したあとの日本公演では、熱狂的な女性ファンが多かった。おそらくボーカル、ヘイリーが歌う歌詞には、女性が共感し、ひきつける内容が多いのだろう。肉食系で硬派な女性の理想像であり、カリスマでもある。そんな彼女の魅力を詰め込んだ作品だ。

|

« paramore 『all we know is falling』 | トップページ | paramore 『Brand New Eyes』 »

P」カテゴリの記事

メロディックパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/51504354

この記事へのトラックバック一覧です: paramore 『Riot』:

« paramore 『all we know is falling』 | トップページ | paramore 『Brand New Eyes』 »