« フェイス・トゥ・フェイス 『オーバー・イット』 | トップページ | フェイス・トゥ・フェイス »

face to face 『BIG CHOICE』

ビッグ・チョイスビッグ・チョイス
フェイス・トゥ・フェイス フェイスIIフェイス

ビクターエンタテインメント 1995-03-24
売り上げランキング : 67148

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 95年に発表された2枚目。個人的には一番好きな作品。ラモーンズのような荒々しいコードギターに、哀愁漂うメロディーをのせ、性急なスピードのドラムが疾走していく。彼らならではのスタイルを確立したのは、この作品から。

 それにしてもこれほどまで彼らにシンパシーを感じる理由は、ブルートみたいな粗暴な男が見せる哀愁ただよったうしろ姿にある。俺は大丈夫じゃない。と情緒不安定な自分を歌うA-OKや、選択し拒絶されたと挫折について歌うビッグチョイスなど、行動し得た結果がどの内容も悲惨な結果だ。まるで、あしたのジョーのような、負けの美学にも似た悲哀が漂っている。

 悲しい時に悲しいとはいえない男の性や、いかつい男が時折みせる弱い自分。その想いを爆音ギターと性急なスピードにのせ、激しく疾走する姿が、なんとも胸に突き刺さる。ビーチボーイズから続く西海岸の伝統-明るさの奥にある暗い一面-を受け継ぎながらも、明るくノー天気なバンドが多いメロコアのなかで、泣きコアや哀愁コアなどと呼ばれる異質な個性を確立した。まさにメロコア史に残る名盤だ。

|

« フェイス・トゥ・フェイス 『オーバー・イット』 | トップページ | フェイス・トゥ・フェイス »

F」カテゴリの記事

メロディックパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/52017715

この記事へのトラックバック一覧です: face to face 『BIG CHOICE』:

« フェイス・トゥ・フェイス 『オーバー・イット』 | トップページ | フェイス・トゥ・フェイス »