« face to face/DROPKICK MURPHYS 『SPIT EP』 | トップページ | face to face 『 SHOOT THE MOON~the essential collection』 »

フェイス・トゥ・フェイス 『ハウ・トゥ・ルーイン・エヴリシング』

How to Ruin EverythingHow to Ruin Everything
Face to Face

Vagrant Records 2002-04-09
売り上げランキング : 356548

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 長年フェイストゥフェイスを支えたセカンドギターのチャドが抜け、3人になった02年発表の5作目。当時のぼくは彼らに興味をなくしていたが、あらためて聴きなおしてみると、よくできている。初期3枚を超えるアルバムではないが、これはこれでいい作品。

 いままで彼らの代名詞のひとつであった、性急なビートのメロコアはなくなり、8ビートにテンポを落とした初期パンクに変化した。ポップな曲はなく、ハードエッジでゴリゴリとした荒い曲ばかり。やはりギターが一人になったため、音の厚みがなくなった。だが、それが功を奏してか、骨組みだけのシンプルなサウンドは、分厚いギターサウンドよりも、ダイレクトに熱さが伝わってくる。気合いの入ったコーラスと力強いリズムを刻むドラムは、武骨で男臭く熱い。まさにシンプル・イズ・ベスト。

 前作はヤケになったような衝動が全面に出ていたが、今作では開き直ったような迷いのなさを感じ、スコーンと突き抜けている。好きでやっている感じが伝わってくる。だから聴いていて清々しい気持ちになる。このアルバムを発表する前に、彼らはバンドを解散することを決めていたが、最後ぐらい開き直って、熱く男くさく演ろうと決意したのではないか。そんな気持ちがアルバムに確実に反映されている。

 彼らはこのあと、桜が散るように潔く爽やかに解散していった。その去り際を印象付ける作品であり、とても好感が持てる。

|

« face to face/DROPKICK MURPHYS 『SPIT EP』 | トップページ | face to face 『 SHOOT THE MOON~the essential collection』 »

F」カテゴリの記事

メロディックパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/52201001

この記事へのトラックバック一覧です: フェイス・トゥ・フェイス 『ハウ・トゥ・ルーイン・エヴリシング』:

« face to face/DROPKICK MURPHYS 『SPIT EP』 | トップページ | face to face 『 SHOOT THE MOON~the essential collection』 »