« クロジュア・イン・モスコ 『ファースト・テンプル』 | トップページ | Panic at the Disco 『PRETTY ODD』 »

Panic! at the Disco/『A Fever You Can't Sweat Out』

フィーバーは止まらないフィーバーは止まらない
パニック!アット・ザ・ディスコ

ワーナーミュージック・ジャパン 2007-01-17
売り上げランキング : 156006

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


05年発表のデビュー作。メロディック・パンク・シーンから現れたバンドだが、当時、彼らは新しかった。ライヴで人気が出たのではなく、自らの音源が気軽に試聴ができるソーシャルサイト、マイスペースから人気に火が点いたバントだからだ。自分のことはすべて自分でやったフガジや、カレッジ・ラジオのチャートから徐々に人気を獲得したR.E.Mに続き、新たな価値観を提示した。インターネット世代の新たなDIY精神を提示したバンドなのだ。

とはいっても、それだけで人気がでるわけではない。当時、マイスペースに音源をアップロードし、話題にならなかったバンドはたくさんいた。なのに彼らが人気がでた理由は、しっかりとした個性があったからだ。それはスカ・メロディックパンクに、スペイン音楽とディスコ・サウンドやポルカなどを加えたサウンドにある。

そこにはまるで中世のようなノスタルジーと、怪しい仮装パーティーのようないかがわしさと派手な華やかがある。まるで上流貴族の汚ない裏側のようだ。そしてその視点は、一貫してシニカル。軽快なスカのリズムにのせ、世間を嘲笑っているかのように冷めている。たとえば”機械が書いたロンドンが招いたお金の歌”の歌詞では、音楽評論家に向けて、<おそくらくやつらは、デジタルサウンドとスペイン音楽をスカ・パンクのリズムにくっ付けたくだらないバンドと、俺たちのことを評価するだろう>と歌ったり、この先起こるであろう未来を予見し、シニカルなメッセージを発している。

世の中くだならいことがたくさんあるけど、とことん嘲笑って、楽しく踊ろうぜ、という姿勢が素晴らしい。個人的には、彼らのなかで一番すきな作品。

|

« クロジュア・イン・モスコ 『ファースト・テンプル』 | トップページ | Panic at the Disco 『PRETTY ODD』 »

P」カテゴリの記事

メロディックパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/52536691

この記事へのトラックバック一覧です: Panic! at the Disco/『A Fever You Can't Sweat Out』:

« クロジュア・イン・モスコ 『ファースト・テンプル』 | トップページ | Panic at the Disco 『PRETTY ODD』 »