« Panic at the Disco 『PRETTY ODD』 | トップページ | Panic at the Disco 『Vices & Virtues』 »

Panic at the Disco 『...LIVE IN CHICAGO』

ライヴ・イン・シカゴライヴ・イン・シカゴ
パニック・アット・ザ・ディスコ

ワーナーミュージック・ジャパン 2009-01-28
売り上げランキング : 133207

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


08年に発表されたライヴアルバム。おそらくメンバー自身も、この時期、ひとつの頂点に達したと感じていたのでないか。本人たちの充実感が窺える。

ライヴは1stと2ndを交互にやる構成。サウンドの方向性がまったく異なる作品だが、ライヴでは違和感なくはまっている。ゆったりとした2作目の”ウィー・アー・スターヴィング”から始まり、妖しい雰囲気の”ナイン・イン・ジ・アフターヌーン”へと、聴くものを引き込んでいく。じっくり聴かせたあとに、ノセて楽しませるといった流れがある。モッシュダンスをするような激しさがあるわけでもなく、椅子に座って観るような落ち着きがあるわけでもない。まるで壮大なエンターテイメントを観ているようなライヴだ。やはりラスベガスというエンターテイメントの都市で育った影響が反映されているからなのか?次の曲がすぐ聴きたくなるような中毒性がある。ところどころに観客を楽しませようとする姿勢がうかがえるし、演奏を、なにより本人たちがいちばん楽しんでいる。

彼らの最高傑作と呼んでいいほどの、充実した内容だ。


|

« Panic at the Disco 『PRETTY ODD』 | トップページ | Panic at the Disco 『Vices & Virtues』 »

P」カテゴリの記事

メロディックパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/52625429

この記事へのトラックバック一覧です: Panic at the Disco 『...LIVE IN CHICAGO』:

« Panic at the Disco 『PRETTY ODD』 | トップページ | Panic at the Disco 『Vices & Virtues』 »