« センス・フィールド/ミネラル/ジミー・イート・ワールド 『スプリット』 | トップページ | ジミー・イート・ワールド(Fueled By Ramen) »

ジミー・イート・ワールド 『スタティック・プリヴェイルズ』

Static Prevails (Exp)Static Prevails (Exp)
Jimmy Eat World

Capitol 2007-06-11
売り上げランキング : 213582

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 96年に発表された2枚目のアルバム。廃盤となっているデビュー作の『ジミー・イート・ワールドでは現ギターのトムがメインボーカルを務めていたが、ここでもメインボーカルはトムが担当。だがジムも数曲歌っている。

 サウンドはフガジなどのエモーショナル・ハードコアやラスト・リアル・エステイトなど先駆者エモからの影響が強く、静と動のアップダウンや叫び声は、典型的なエモサウンド。だがほかのバンドと比べると弱々しさはなく、メロディーに個性がある。とくに静の使い方がうまい。穏やかな清流の川の流れのようにキラキラと光っているようなメロディー。それが彼らのオリジナルティーなのだ。そのメロディーには優しさがあり、純粋で透き通った想いがある。

 全体的に暗く内省的な作品だが、そこにはエモというサウンドフォーマットにいろいろな要素を加え、オリジナルティーを確立しようとしている実験性窺える。まるで考えに考えぬいているような思慮深い暗さ。それがいいし、そこから紡ぎだされるメロディーからは、純粋性を感じる。

 まだフガジから抜け切れていない印象を受けるが、これはこれでいい作品。


|

« センス・フィールド/ミネラル/ジミー・イート・ワールド 『スプリット』 | トップページ | ジミー・イート・ワールド(Fueled By Ramen) »

J」カテゴリの記事

エモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/53000944

この記事へのトラックバック一覧です: ジミー・イート・ワールド 『スタティック・プリヴェイルズ』:

« センス・フィールド/ミネラル/ジミー・イート・ワールド 『スプリット』 | トップページ | ジミー・イート・ワールド(Fueled By Ramen) »