« JIMMY EAT WORLD 『BLEED AMERICAN』 | トップページ | ジミー・イート・ワールド 『ステイ・オン・マイ・サイド・トゥナイト』 »

JIMMY EAT WORLD 『FUTURES』

フューチャーズフューチャーズ
ジミー・イート・ワールド

ユニバーサル インターナショナル 2004-10-13
売り上げランキング : 152572

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 04年に発表された5作目。前作『ブリート・アメリカン』が大ヒットしたせいなのか、今作の評価はいまいち芳しくない。とはある批評文では、<この作品でメジャーな大衆受けする音楽に変化した>といった批判さえある。だがそれはおおきな間違い。彼らはけっして変わってないし、これはいい作品。前作の延長上ある作品で、違いは感情が向かっている方向にある。

 そのサウンドは静と動のアップダウンがある力強いギターロック。サウンド・フォーマット自体は前作と変わらない。変わったといえばアンティーク調のメロディーを導入したこと。これによって、曲の雰囲気が変わった。そこから感じることができるのは、深まる秋のような切なさと憂愁。セピア色の写真のような、ノスタルジックで古きよき味わいがある。とくに声が裏返り張り裂けるような想いで歌う“ウォーク”では、恋愛の何もできない無力感情を歌い、続く“キル”では届かない想いの空しさや切なさを、いまにも泣きだしそうな歌声で歌っている。そして叙情的で穏やかな哀しみに満ちたバラードの“23”では、恋愛の別れで生じる後悔や孤独、心に受けた傷跡について、痛々しいまでのかすれ声で歌っている。傷ついたが、それでも前へ進んでいこうという姿勢がなんとも涙ぐましい。恋愛で生じる辛い想いを、様々な角度から歌った。哀しみと切なさに満ちた作品だ。

 ぼくが何よりこのアルバムを評価している理由は、同じ感情の作品を作らないところ。『クラリティー』では大人社会への疑問や葛藤を歌い、『ブリート・アメリカン』では、開き直った明るさを歌った。そして今作では哀しみや切なさを初めて歌った。アルバムごとにテーマを変え、同じ感情の作品は2度と作らない。自分たちなりのオリジナルティーを持って、ワンパターンにならない深い感情を表現できる。そういった意味では、すごいバンドなのだ。

 なおデラックスエディションでは、このアルバムのデモ・ヴァージョンと、ボーナストラックが6曲収録されている。

|

« JIMMY EAT WORLD 『BLEED AMERICAN』 | トップページ | ジミー・イート・ワールド 『ステイ・オン・マイ・サイド・トゥナイト』 »

J」カテゴリの記事

エモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/53356641

この記事へのトラックバック一覧です: JIMMY EAT WORLD 『FUTURES』:

« JIMMY EAT WORLD 『BLEED AMERICAN』 | トップページ | ジミー・イート・ワールド 『ステイ・オン・マイ・サイド・トゥナイト』 »