« カディスフライ『...セット・セイル・ザ・プラリィー』 | トップページ | THE KOMINAS/ザ・コミナス »

DVD 『Taqwacore/タクワコア』

Taqwacore: The Birth of Punk Islam [DVD] [Import]
Taqwacore: The Birth of Punk Islam [DVD] [Import]Taqwacore: Birth of Punk Islam

Lorber Films (Kino) 2011-08-09
売り上げランキング : 153004


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 09年に発売されたタクワ・コアを紹介したドキュメントDVD。物語はノンフィクション小説『タクワ・コア』の著者であるマイケル・マハンマドが、タクワ・コアを紹介し、アメリカとパキスタンで活動するタクワ・コア・バンド、ザ・コミナスと一緒にアメリカツアーを周るという展開。最後はザ・コミナスのルーツであるパキスタンに渡り、イスラム社会にパンクを紹介するという内容で締めくくられている。タクワ・コアのバンドを通して、非イスラム側にはイスラム社会を紹介し、イスラム側にはパンク音楽を伝えている。

 ここではザ・コミナスを合わせて3バンドの出演している。とくに印象深いバンドは、女性ボーカルようするセレクト・トライアル・ファイブ(本人たちによれば自分たちはタクワ・コアではないとのこと。シーンとの連動を拒否している)。政治的な不満を激しく叫ぶボーカルスタイルが特徴のバンドだ。イスラム社会では女性はヒジャブと呼ばれるスカーフのような布で頭を隠すのが一般的だ。それが短髪のソフトモヒカンという出で立ちで、イスラム女性社会を真っ向から否定するような、イスラムの伝統主義と女性差別を痛烈に批判している。イスラム教徒であることに誇りを持ちながらも、イスラムの悪いところは変えようとする姿勢。その姿がなんともパンクらしくとても好感が持てる。

 そして本DVDのハイライトはザ・コミナスのシカゴとパキスタンでのライヴ。そこでは、イスラム社会ならではの問題が見えてくる。シカゴのライヴでは会場がイスラム集会で、演奏の途中に警察に弾圧されライヴが中止になるというハプニングに見舞われる。そしてパキスタンでは、演奏の最中に近所でアメリカ軍の空爆があり、ライヴが中止になる場面もある。9,11以降、ムスリムの人たちは虐げられ、検閲をうける過酷な生活を余儀なくされているのだ。

 そのシーンを見ていると80年代のアメリカのハードコアを思い起こさせる。警察の取締りを受けるシーンや、パキスタン人に対して<ジョージ・ブッシュ、マザーファッカー>と怒りに満ちた声で叫ぶ姿は、暴力と破壊的衝動に満ちた80年代のライヴと同じだ。片やアメリカの中間層の白人、もう一方はイスラム教徒というマイノリティー。両者は肌の色も、信じる宗教も、貧富の差も、守られている法律さえ違う。だが両者ともに激しく扇動し、反社会的な考え方で、衝動に満ちたライヴを展開しているという意味では、共通している。現在、白人の若者で、これほどのエナジーを持って、世の中の不満をぶちまけているバンドがいるであろうか?答えはノーである。豊かさに毒され、ハングリーさが失われ、骨抜きになったバンドがなんと多いことか。いまやパワーのある音楽を奏でられる人たちは、こういったマイノリティーなのかもしれない。

 余談だがヴィーガン思想を打ち立てたアース・クライシス以降、アメリカのハードコアシーンは、メタル化が進み、思想的な進化がなく、どこか停滞している印象があった。それがここにきてまた新しい思想のバンドが生まれ、活気付いている印象を受ける。黒人のハードコアのトラッシュ・トークやセレバル・バリーなどがいい例だろう。近年、アメリカのハードコアシーンは、虐げられた少数民族がやる音楽に変わってきている感じがする。


|

« カディスフライ『...セット・セイル・ザ・プラリィー』 | トップページ | THE KOMINAS/ザ・コミナス »

T」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/53579714

この記事へのトラックバック一覧です: DVD 『Taqwacore/タクワコア』:

« カディスフライ『...セット・セイル・ザ・プラリィー』 | トップページ | THE KOMINAS/ザ・コミナス »