« フレンザル・ロム『フォーエバー・マルコム・ヤング』 | トップページ | CASH CASH『ラヴ・オア・ルースト』 »

フレンザル・ロム『スモコ・アット・ザ・ペット・フード・ファクトリー』

Smoko at the Pet Food FactorySmoko at the Pet Food Factory
Frenzal Rhomb

Fat Wreck Chords 2011-09-06
売り上げランキング : 13484

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 このバンドも息が長い。メロディックパンクをやり続けてはや17年。相変わらずコンスタントにモチベーションの高い作品を発表し続けている。そのサウンドは、スカからメロディックパンク、メロディック・ハードコアと幅が広い。そして前作では、KID・DYNAMITEやLIFETIMEに影響を受けたメロディック・ハードコアで、パワフルで弾丸のような勢い見せつけた。ハードコアとメロディックな曲が交互に演奏する展開で、早口で捲くし立てるメロディックなボーカルの個性が光った。パンク、メロディックハードコアという制約のなかでバラエティーが多彩。激しいギターコードに、メロディックなフレーズが絡むサウンドは、とことんキャッチーで、親しみやすかった。

 そんな彼らの魅力とは、医学書や量子物理学などの学術的な教養をねじ曲げ、バカにしているアイロニーにある。医学書の人体の絵を馬に代えるパロディーセンスが最高だし、痛快で面白い。笑える。

 そして8作目となる今作では、明るさからヘヴィーな重さに変わり、デスの要素が加わった。ほかにも西海岸のカラッとしたメロディックパンクな曲もあり、過去とは違った作品に仕上がっている。ここに歌詞カードがないので正確な事実は分からないが、ものすごく変化した印象を受ける。悪ふざけがすぎた前作と比べると、まじめでシリアス。大人の枯れた円熟味を聴かせ、やんちゃな要素は薄れた。

 持ち前の悪ふざけこそなくなったが、これは、いい作品。性急で間段のないスピード、カラッと乾いたメロディーは、心地よいし、癒される。なにより明るさのなかにある暗い陰りが最高だ。


|

« フレンザル・ロム『フォーエバー・マルコム・ヤング』 | トップページ | CASH CASH『ラヴ・オア・ルースト』 »

F」カテゴリの記事

エモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/53508085

この記事へのトラックバック一覧です: フレンザル・ロム『スモコ・アット・ザ・ペット・フード・ファクトリー』:

« フレンザル・ロム『フォーエバー・マルコム・ヤング』 | トップページ | CASH CASH『ラヴ・オア・ルースト』 »