« テイキング・バック・サンディー  『ラダー・ナウ パート2』 | トップページ | テイキング・バック・サンディー  »

テイキング・バック・サンディー  『ニュー・アゲイン』

New Again (W/Dvd) (Spec)New Again (W/Dvd) (Spec)
Taking Back Sunday

Warner Bros / Wea 2009-06-02
売り上げランキング : 361131

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 セカンドボーカルのブレッドが脱退し、新たにマッド・ファジが加入した09年発表の4作目。個人的には『ラダー・ナウ』が一番好きだが、それに劣らず、このアルバムもいい。

 今作では初期パンクやハードコア、ガレージを中心に、オルタナのギターメロディーを加味。ダークて妖艶な要素が薄れ、荒々しさとアルレッシヴな攻撃性が強化された。ディッセンデンツが制御を失ったようなスラップギターや、クランプスをシリアスにさらに猥雑仕立てたな荒々しいギターコード。そこにはまるでハイウェイで荒っぽく車を飛ばしているような乱暴さと激しさがある。そしてその激しさをさらに自暴自棄なものにしているのが、反復するサビのフレーズを吐き捨てるように歌うボーカル。ツインボーカルの掛け合いや、スクリームがなくなったせいなのか、二重人格的な要素がなくなり、すべてが直情的に変化。血管がぶち切れ意識が朦朧としそうなほど、アドレナリンを放出している。

 ツインボーカルの掛け合いがなくなった理由は、ファジーボーカルのが、インパクトに欠けるからだろう。彼らの特徴であったツインボーカルの魅力を失ったわけだから、おそらくブレッド脱退は痛かったはずだ。だがここではそんなの関係ないねとばかりに、終始強気なサウンドを展開している。

 そんな彼らのアグレッシヴな姿勢は評価できるし、なにより聴いていて力がわく。これはいい作品だ。


|

« テイキング・バック・サンディー  『ラダー・ナウ パート2』 | トップページ | テイキング・バック・サンディー  »

T」カテゴリの記事

スクリーモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/53810191

この記事へのトラックバック一覧です: テイキング・バック・サンディー  『ニュー・アゲイン』:

« テイキング・バック・サンディー  『ラダー・ナウ パート2』 | トップページ | テイキング・バック・サンディー  »