« テイキング・バック・サンディー  『ニュー・アゲイン』 | トップページ | CIRCA SURVIVE/サーカ・サヴァイブ  『The Inuit Sessions EP』/『ザ・イヌイット・セッションズ・EP』 »

テイキング・バック・サンディー 

Taking Back SundayTaking Back Sunday
Taking Back Sunday

Warner Bros / Wea 2011-06-28
売り上げランキング : 77661

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 セカンド・ボーカルのファジとマットが脱退し、ストレイライト・ランからジョンとショーンが加入した11年発表の5作目。ストレイライト・ランというとテイキング・バック・サンデーを脱退したメンバーによって結成されたバンド。ということはデビュー作のころのメンバーが復活し、制作されたアルバムだ。いうなら初期衝動だけで突っ走っていた、スクリーモのころに戻ったということだ。

 アルバムにバンド名を冠したことから、その名前どおり、まさしく原点回帰。ミドルテンポのスクリーモのサウンドフォーマットに、2作目以降のギターテクニックや、コーンなどのヘヴィーロック、東海岸パンクなどの要素を加えた。デビュー作をさらに進化させたサウンドだ。そしてボーカル。前々作ぶりにツインボーカルとスクリームが戻ってきた。掛け合いのタイミングと、アダムのメロディックな歌声とジョンのスクリームの絡みは、まさに初期そのもの。初期の絶叫に近いスクリームだ。まさに原点回帰している。

 それにしても歌詞のテーマがいつになく重い。2曲目の“Faith”では、キリストが子供を叩くことを想像できる?とか、富への信仰を失う、といった歌詞が目立つ。ここで歌われている内容は、ごく平凡に生きている日常への懐疑。ごく普通の富や信仰を失うことの怖さを歌っている。いままでラブソングが多かった彼らの歌詞なので、今回は意外に感じられた。なぜ、こんなシリアスなテーマが歌われているのか、資料がないのでその理由は分からないが、歌詞がサウンド自体に与えた影響はそんなになさそうだ。

 この原点回帰したアルバムは、賛否両論分かれる。スクリーモが好きな人からみれば、最高の作品だろうし、スクリーモから離れた3作目以降が好きな人からみれば、物足りなさを感じる。個人的には後者だ。その理由は、前々、前作にあったサウンドの勢いと迫力を感じなかったし、ギターアレンジは豊富だがテンポが同じため、単調に聞こえる。メインボーカルの声の魅力も失われている。だがスクリーモという範疇だけで捉えれば、メタルの影響を受けていないスクリーモ自体、珍しい存在であるから、オリジナルティーはある。現在のメタル化したスクリーモシーンに一石を投じた作品でもあるのだ。彼らの1、2枚目が好きな人には、お勧めだ。

|

« テイキング・バック・サンディー  『ニュー・アゲイン』 | トップページ | CIRCA SURVIVE/サーカ・サヴァイブ  『The Inuit Sessions EP』/『ザ・イヌイット・セッションズ・EP』 »

T」カテゴリの記事

スクリーモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/53846058

この記事へのトラックバック一覧です: テイキング・バック・サンディー :

« テイキング・バック・サンディー  『ニュー・アゲイン』 | トップページ | CIRCA SURVIVE/サーカ・サヴァイブ  『The Inuit Sessions EP』/『ザ・イヌイット・セッションズ・EP』 »