« ライバル・スクールズ 『ペダルズ』 | トップページ | TAKING BACK SUNDAY 『Where You Want To Be』 »

TAKING BACK SUNDAY 『Tell all your friends』

テル・オール・ユア・フレンズテル・オール・ユア・フレンズ
テイキング・バック・サンデイ

ビクターエンタテインメント 2003-02-21
売り上げランキング : 367356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 02年に発表されたデビュー作。この年はスライスの2nd、ユーズドの1stなど、個性あふれるバンドたちの重要な作品が発表され、一区切りにスクリーモと呼ばれていた。テイキング・バック・サンデーもまた、彼らと同じくスクリーム(叫び)があったため、スクリーモと呼ばれることに。だが3者それぞれにルーツが違う。スライスはハードコアから発展したメタルコアサウンドで、ユーズドは冷たいメロディーのメタルから発展したスクリーモ。スクリームにも違いがあり、スライスは怒声でユーズドは悲鳴に近い叫び声が乗るスタイルだ。

 そしてテイキング・バック・サンデーは、東海岸のパンクやエモーショナルハードコアをベースにしたサウンド。メタルからの影響は一切ない、ツインボーカルに、エモーショナル・ハードコアサウンドと、熱い叫びが乗るスタイルだ。

 彼らの経歴を記すと、1999年、ロングアイランドにて結成。2001年、レイシーがバンド、ブランド・ニューで活動するため脱退、代わりにアダム・ラザーラが加入した。この時、ラザーラはボーカルではなくベースを担当し、この時のボーカルはアントニオ・ロンゴ。 02年にはロンゴがバンドを抜け、ショーン・クーパーがベースとして加入。この時からアダムがボーカルとして定着。今作を発表するにいたった。

 この作品では彼らの独自のスタイルがあるが、まだ研磨されていない。終始ミドルテンポのエモーショナル・ハードコアをツインボーカルでやった状態。サウンド面でまだオリジナルティーを確立していない。例えるならダイヤの原石の状態だ。でも未熟さを衝動やパワーで押し切っている。その姿勢が好感が持てるし、熱くてエモい。青春の一ページを見事に閉じ込めた、これはこれですばらしい作品だ。

|

« ライバル・スクールズ 『ペダルズ』 | トップページ | TAKING BACK SUNDAY 『Where You Want To Be』 »

T」カテゴリの記事

スクリーモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/53704075

この記事へのトラックバック一覧です: TAKING BACK SUNDAY 『Tell all your friends』:

« ライバル・スクールズ 『ペダルズ』 | トップページ | TAKING BACK SUNDAY 『Where You Want To Be』 »