« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

Al-Thawra  『Edifice』

61fxicuu7al_ss500_

 より激しく攻撃的に進化した10年発表の2作目。今作を発表する前に、まず彼らの行動について触れておきたい。08年12月27日、イスラエル軍はパレスチナのガザ地区に空爆を行った。この日パレスチナ人が、200人犠牲となった。さらに翌年の1月17日には、イスラエルが地上戦を決行し、そこでもパレスチナ人が、1300人殺された。(イスラエル側の死者は13人)事態を重くみた国連調査官のリチャード・フォークは、イスラエルとパレスチナの双方の意見を訊き調べ、「イスラエルによるパレスチナ人への集団的懲罰は、人道に対する罪(イスラエルがジェノサイドをしているという意味)」という見解を示した。

 Al-Thawraはイスラエルによる大量虐殺が行われているこの事件について、“Gaza: Choking on the Smoke of Dreams,”という怒りと悲しみを歌にした曲を、一年後の09年12月に、彼らのホームページにて、無料ダウンロードで発表した。一年後に発表した理由は、この出来事が忘れさられないためと、二度と同じ過ちを繰り返して欲しくない意味合いをこめて、わざと先伸ばしにしたそうだ。

 11年1月29日には、エジプト、チュニジアの革命について、自らのブログにて思いを語った。エジプトとチュニジアは、食料と選挙権を剥奪した独裁政権から民主主義に代わったが、けっして欧米の資本主義や共産主義を押し付けないでほしいと訴えた。アラブ諸国による自分たちのスタイルの民主主義を確立させるべきだと主張している。また内戦で使われている武器や弾薬が、すべてアメリカ、ヨーロッパ製であることに着目し、これ以上アラブ諸国に武器を輸出するべきでないと、まず平和が第一にあることが大切だと、訴えかけた。この時期、彼らはアラブ側の立場に立って、政治的発言を繰り返してきた。

 そんな発言を経て制作された今作は、パーソナルな内容が多かった前作以上に、政治的な姿勢が貫かれている。たとえば、先ほどの“Gaza: Choking on the Smoke of Dreams,”では、パレスチナカザ地区へのイスラエルの爆撃について歌っている。そこには地上で繰り広げられている破壊と絶望を歌い。強者が一方的に弱者を空爆する惨状に怒りをこめて、痛烈にイスラエルを批判している。

 その怒りや憤りをサウンドに叩きつけるように、今作ではより激しくパワフルで攻撃的に変化した。基本路線であるハードコアに民族音楽との融合に変わりはない。だがドゥーム系のハードコアは、初期ナパームデスのようなグラインド・コアやニューロシス系のクラスト・コアに強化され、アラブのメロディーはインド音楽へ変化した。まるで音が割れ電源がショートしたような激しいギターノイズが、音域限界のギリギリで鳴らされている。そしてなにより印象的なのが、シタールを取り入れたインド音楽のメロディー。憎悪と怨霊のデス声とノイズが地獄の地鳴りのように響くなか、まるで天国から光の道が照らされているように、妖しく神秘的に鳴り響いている。死の快楽のような音で、ある意味、激しいノイズギターやデス声よりも、精神的に重い音が鳴らされている。

 ほかにも2ビートのスピーディーなハードコアや、静けさから一気に激しく変わっていく曲など、いろいろな要素を取り入れ、ヴァラエティーにとんだ作品に仕上がっている。そして変化を決定付けるのがラストの“Outro”。そこでは戦後の廃墟のように不気味に響く10分ほどの、インダストリアル系の長いイントロのあとに、シャンペと尺八のような笛のみの曲が始まる。そこでは戦争で失った街と人々への寂寥と喪失、虚しさが漂っている。

 たとえばシェルターなど、過去にインド音楽を取り入れたハードコア・バンドはいる。だがこれほどメロディーにも死の恐怖を意識させるバンドもいないだろう。それほど彼らの音楽は、アラブの現実を直視し、リアルに捉えている。弱者が強者によって虐げられるという現実を嫌が上でも突きつけられるのだ。前作とはまた違った個性があり、いい作品だ。

こちらからダウンロード販売しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Al-Thawra  『Who Benefits From War?』

61hnr2d0pbl_ss500_

 シリア系アメリカ人、マルワン・カメル率いるAl-Thawraの08年に発表されたデビュー作。彼らもまた小説『タクワコアズ』に感銘を受け始めたバンドだ。バンド結成は06年。彼らはタクワコアシーンのなかでも、特異な存在である。ほとんどのバンドが初期パンクやオールドスクール・ハードコアをベースにしたサウンドを展開しているが、彼らだけがドゥームやクラストコアなど、違った要素から影響を受けている。ほかのバンドと比べると、緊迫感に満ち、シリアスなのだ。

 その理由はボーカルでありフロントマンのマルワン・カメルの複雑な生い立ちが原因にある。父はシリア人で、母はポーランド人という家庭に生まれた。そのためにマルワン・カメルはシリアに行けばアメリカ人とみなされ、アメリカではシリア人とみなされている。国際的に敵対する両国では、どちらかの国に行けば、迫害や差別を受ける。彼はアラブとアメリカの両国の影響を受けて育ちながらも、宗教的にも政治的にも受け入れることができず、アイデンティティーを確立することができない。民族の輪に加われない疎外感を抱えているのだ。

 そんな彼らのデビュー作は、ドゥーム・メタルにクラスト・コアと中近東のメロディーを合わせたサウンド。精神的に暗く重くヘヴィーだ。そこには心の煩悶が確実に反映されている。すべてを焼き尽くす地獄の業火のような重くノイジーなリフ。スローテンポのリズムの隙間を縫うように静かに不気味に響く中近東のメロディー。やるせない怒りをぶつけるというよりも、<なぜ?>と絶望に疑問を投げかけているような断末魔の叫びに近いデス声。そこには心の深い部分から湧き上がってくるドロドロした怨念、諦観、悲しみといった感情が支配している。イスラムの戒律が厳しく政治的にタブーが多く(08年当時)人権的自由のないシリア。世界の警察という欺瞞のもと弱者を挫き秩序の乱れた自由を振りかざす傲慢なアメリカ。そんな両国への愛憎を嘔吐したサウンドなのだ。

 例えるならワーキングクラスでアイリッシュの誇りと団結でパンクと民族音楽を融合させたドロップ・キック・マーフィーズとは、対極のアティテュードだ。

 出自から来る疎外感。政治的や宗教的に問題のある両国への怒り。アイデンティティーの喪失。緊迫化するアラブ諸国とアメリカとの政治情勢。アラブの民族音楽とロックというアメリカ発祥の音楽への愛着。そんな敵対する両国の狭間で、敵対心と緊迫感を保ちながら、音楽で奇妙な立ち居地を見つけたマルワン・カメル。アラブのメロディーを取り入れたハードコアという彼らの個性は孤高の輝きを放っている。


こちらからダウンロード販売しています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 『タクワコアズ』 サウンド・トラック

51vhp0kkzrl_ss500_

 10年に発売された映画『タクワ・コアズ』のサウンド・トラック。そもそもタクワコアとは、03年に発表された小説、『タクワ・コアズ』に感銘を受けたムスリムの若者たちによって、立ち上げられた音楽シーンだ。そのミュージシャンたちを集めたサウンド・トラックなのだ。だから映画の雰囲気に合わせた曲を集めたというより、オムニバスに近い内容。映画に興味がない人でも、これ一枚でタクワコア・シーンのおおよそが理解できる。

 収録されているアーティストは、ザ・コミナス、ノーブル・ドロウ、Al-Thawra、The Fanaa Fish、ダイアクリティカル、Saggの6バンド。ノーブル・ドロウは初期パンクとスカ・コアを合わせたサウンドで、The・Fanaa・Fishはマイナー・スレットのようなスピード・コア。ダイアクリティカルは、シック・オブ・イット・オールのような骨太のハードコアで、<なぜ私を憎む?>と歌う歌詞が印象的。Saggは、初期パンクのような荒さのサウンド。Al-Thawraは、ドゥームやクラスト・コアにアラブのメロディーを融合したバンド。ザ・コミナスは、アメリカン・ハードコアをベースに、スカやアラブやオリエンタルティックなメロディーを合わせたサウンドだ。

 それぞれに個性があるが、どのバンドにも共通しているのは、80年代のアメリカ/イギリスのハードコアをベースにしていること。ニルヴァーナー以降の90年代のアメリカのパンクからの影響はない。やはり彼らにとってのパンクとは、外へ向かって怒りをぶつける、闘争的で攻撃的なものなのだろう。だから内面へ向かっている90年代のパンクからの影響は皆無なのだろう。

 それにしても彼らの出現で、白人の特権だったパンクが人種の壁を越えた他民族的な方向に向かっている。これはとてもすばらしいことだと思うし、もっとこういったバンドたちが増えて欲しいと思う。

                            こちらからダウンロード販売しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »