« ファーザー・シームス・フォーエバー 『ハイド・ナッシング』 | トップページ | ファーザー・シームス・フォーエバー 『ファイナル・カーテン』 »

ファーザー・シームス・フォーエバー 『ホープ・ディス・ファインドズ・ユー・ウエル』


Hope This Finds You WellHope This Finds You Well
Further Seems Forever

Tooth & Nail Records 2006-02-24
売り上げランキング : 167343

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 06年に発表されたベストアルバム。この年の1月に彼らは解散宣言をした。そのラストツアーに合わせ発売された作品だ。その内容はデビューEP 『フロム・ザ・27th・ステイト』から1曲、『ザ・ムーン・イズ・ダウン』から6曲、『ハウ・トゥ・スタート・ア・ファイヤ』から5曲、『ハイド・ナッシング』から6曲、ディーエレム・レコーズのコンピレーション『エモ・ダイヤリーズ』に提供した曲が1曲、コンピレーション『パンク・ゴーズ・ポップ』から'N Syncのカヴァー1曲、『ハイド・ナッシング』日本盤のボーナストラックから1曲、ウィーザーのカヴァーが1曲と、計21曲が収録されている。なお歌詞カードには、歌詞の一節だけが載せられ、8年間の活動を振り返っている。

 解散を決めた理由は、ジョン・バンチの脱退が、一番の原因だそうだ。あらためてこのバンドの活動を振り返ると、ボーカルが安定しないバンドだった。サウンドに重点を置いていたバンドであったが、意図していない部分でボーカルに振り回されていた。その理由は最初のボーカリストであった、クリス・ギャラハーが才能豊かなボーカリストであったためだ。だからクリスの代役を探すのが困難だった。ようやく結成6年目にしてジョン・バンチという個性あるボーカリストが加入したが、結局、彼も脱退を表明した。もうこれ以上、才能あるボーカリストを探すのが困難と判断したのだろう。もしかしたらボーカリストを探すのに疲れ、バンドを続ける気力をなくしてしまったのかもしれない。だからジョンの脱退をきっかけに解散を発表したのだろう。

 あらためて、3人のボーカルが並んだベスト盤を聴くと、違和感を感じる。時系列に曲が並んだベスト盤というのは、バンドの成長のプロセスを感じることが出来るが、この作品ではオムニバスみたいな感覚に陥る。まるでほかのバンドの曲を集め、DJが作ったような作品だ。この時点でジョンがボーカルで、おそらく前ボーカリストの曲は、ライヴで歌っていないだろう。なのに解散ツアーで歌うことのない曲も含まれているこのベスト盤を発表した理由は、バックメンバーの歌わなくなった曲への愛着からだろう。おそらくこのベストアルバムの曲順どおりに演奏することはないはず。でもボーカリストが代わるたび、演奏しなくなっていく曲が増えていくのが、作った本人たちからすれば悲しかったのだろう。そういった意味では、この曲順どおり演奏したかった願望がこめられているようにも思える。ライヴで演りたかった曲順をベスト盤で理想の形で収録した。それがこのベスト盤を発表した意味なのだ。

|

« ファーザー・シームス・フォーエバー 『ハイド・ナッシング』 | トップページ | ファーザー・シームス・フォーエバー 『ファイナル・カーテン』 »

F」カテゴリの記事

エモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/56664166

この記事へのトラックバック一覧です: ファーザー・シームス・フォーエバー 『ホープ・ディス・ファインドズ・ユー・ウエル』:

« ファーザー・シームス・フォーエバー 『ハイド・ナッシング』 | トップページ | ファーザー・シームス・フォーエバー 『ファイナル・カーテン』 »