« ダウン・バイ・ロウ 『500マイルズ』 | トップページ | ダウン・バイ・ロウ 『ラスト・オブ・シャープシュ』 »

DOWN BY LAW 『All Scratched up!』

オール・スクラッチド・アップ!オール・スクラッチド・アップ!
ダウン・バイ・ロウ

エピックレコードジャパン 1996-03-28
売り上げランキング : 609257

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 96年発表の4作目。彼らの最高傑作はこの作品。ギターは弾丸のような勢いのギターコードが飛び散る爽快な汗のようなメロディーに変わっていくギタースタイルを確立させ、ボーカルもジェロ・ビアフラのような早口で捲くし立てるような歌い方を、デイヴ・スマイリーの力強い歌声に取り入れ、オリジナルなボーカル・スタイルを完成させた。パンク以外のアメリカ民謡や早口のハードコアなどの歌い回しを取り入れている。それが彼らしかありえない独特のスタイルのメロディック・パンクを確立した要因なのだ。

 今作では前作とはまた違ったスタイルのメロディック・パンクを展開している。前作の3コード、8ビートのメロディック・パンクから、スピーディーなハードコアを取り入れ、さらに爽快でスピード感の増したサウンドに仕上がった。サウンドもさることながら、とくにコーラスワークがすばらしい。“チープ・スリル”では、ささやくようなコーラスを取り入れ、“トゥルー・ビリーバース”は、コーラスのみで曲を完成させている。そして“グルーサム・ゲイリー”では、海兵隊のようなコーラスなどがある。そのバラエティーにあふれるコーラスには、みんなが肩を組んで盛り上がるようなノリのよさがある。気持ちを高揚させ、元気をあたえてくれるコーラスだ。そこには怯えて立ち止まっていた自分の背中をドンと押すような、爽快な活力がある。青空のような爽やかなメロディーと、勢いにあふれたガッツと気合。それがこの作品の魅力なのだ。

 社会批判やパンクのあり方について語った歌詞も健在だが、今作ではもっとパーソナルな内容が目立つ。たとえば“オール・アメリカン”では、16歳のころマイナースレットに出会いパンクに目覚め、いまではスケボーを楽しんでいると歌い、“グルーサム・ゲイリー”では、ゲイリーといういじめっ子が、警察に捕まり周りに嫌われいく話について歌っている。“ケヴィンズ・ソング”では、強者イスラエルによって攻撃されるパレスチナの悲惨な現状や、IRAに加わり殺された知人へのやり切れない思いや、国家のために戦争に行き戦うことへのばかばかしさを歌っている。自分の感じたことや実際にあった出来事を歌詞にしている。相変わらずデイヴ節は健在で、サウンドに劣らず血を滾らすような内容だ。

 なおLP盤は、2枚組みで、6曲多く収録されている。なかにはフェイス・トゥ・フェイスやサムマイムなどが参加したコンピレーション『ウエストxノース―サウス 』に収録された名曲、“ダグパンク”が入っている。CD盤にはLP未収録の9とゴーストトラックの2曲が追加されている。

|

« ダウン・バイ・ロウ 『500マイルズ』 | トップページ | ダウン・バイ・ロウ 『ラスト・オブ・シャープシュ』 »

D」カテゴリの記事

メロディックパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/57091438

この記事へのトラックバック一覧です: DOWN BY LAW 『All Scratched up!』:

« ダウン・バイ・ロウ 『500マイルズ』 | トップページ | ダウン・バイ・ロウ 『ラスト・オブ・シャープシュ』 »