« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

SAVES THE DAY 『Ups & Downs: Early Recordings and B-Sides』

アップス・アンド・ダウンズ-アーリー・レコーディングス・アンド・Bサイズアップス・アンド・ダウンズ-アーリー・レコーディングス・アンド・Bサイズ
セイヴス・ザ・デイ

ビクターエンタテインメント 2004-09-16
売り上げランキング : 1017656

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 04年にヴェイグランドから発表された、デモや未発表曲を集めたレア・トラック集。その内容を説明すると、1は3枚目のアルバム『ステイ・ワット・ユー・アー』の収録からもれ、未完成だった2曲のうちの1曲。アルバム発表後に、この曲だけ完成させたという。2,3は、コンピレーションアルバム『アナザー・イヤー・オン・ザ・ストリーツ』から。4~7の4曲は、99年に発表されたアコースティックEP、『アイム・ソリー・アイム・リヴィング』から。8は、上記のヴァイナル盤のみに収録された曲。9は、ユース・オブ・トゥデイやシェルターなどで知られるレイ・キャポがコンパイルしたハードコア・コンピレーション『ザ・リヴァース・オブ・ハードコア:1999』から。デビューアルバム『キャント・スロー・ダウン』の1ヶ月後に発表された曲だという。10~14は、97年にセイヴス・ザ・ディを結成したときに、最初に録音したデモで、全部で9曲録音したそうだ。ここではそのうちの6曲収録されている。15は未発表曲。16はセイヴス・ザ・ディの前身バンド、SEFLERで発表された曲。当時15歳。この曲を収録した理由は、セイヴス・ザ・ディ最初に製作したデモから、『キャント・スロー・ダウン』と進んでいく、自身の成長の境界線がはっきりと見えるからだそうだ。17は、ディセンデンツのカヴァー。18はクラッシュのカヴァー。19は6のライヴバージョン。03年にテイキング・バック・サンディと一緒に周ったツアーで演奏された曲で、アコースティック・バージョンから、エレキギター、ドラム、ベース、シンセを加えたバンド・バージョンに変更されている。

 この作品の意義は彼らの成長プロセスが如実に分かるところだろう。初期のころはスクリーチング・ウィーザルに影響を受け、バンドをはじめた。そしてゴリラ・ビスケッツやユース・オブ・トゥデイなどのハードコアの要素を加えていった。そのハードコア・サウンドをベースに、ライフタイムなどのメロディックな要素を加え進化してきた。ぼくがこの作品を聴いて感じたのは、彼らはパンク・ハードコアを愛してやまない人たちなんだということ。古くはミスフィッツ、90年代にはライフタイムを排出したニュージャージのハードコアシーンから、出てきた、先人たちの影響を受けたハードコアを展開し、尋常でないハードコアに対するこだわりを持っていた。だからパンク・ハードコアを捨てギターロックに路線を変えた『イン・レヴァリー』変化の理由が知りたかったわけだが。

 あと個人的な意見を言うと、デモの曲はすべて収録して欲しかった。それとシングルのB面の曲も収録してくれれば、本当の意味でのレアトラック集になったと思うが。そのあたりが残念に思えた。曲のクオリティーを言えば、今とさほど遜色のない出来。この曲たちがアルバムに収録されていても、さほど不思議に感じない。それほど曲の完成度は高い作品だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイヴス・ザ・デイ  『イン・レヴァリー』

In ReverieIn Reverie
Saves the Day

Dreamworks 2003-09-15
売り上げランキング : 143523

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 03年発表の4作目。前作『ステイ・ホワット・ユー・アー』は、大手インディーレーベル、ヴェイグランドに移籍をはたし、キャリアをステップ・アップさせた作品だった。そして今作では、前作の好セールスが手伝って、ドリームワークスというメジャーレーベルに移籍を果たした。飛躍した前作よりも、さらにキャリアがステップ・アップしたのだ。 たいていのミュージシャンは、メジャー移籍という大きな決断をしたとき、最高傑作の近い、いい作品を作るアーティストが多い。その決断が、大きなプレッシャーとなり、傑作を生むのだ。岐路に立たされたときアーティストは、2種類に分かれる。自分たちの演りたいサウンドを貫き、前作よりも、へヴィーに過激に変化しするパターン。そしてさらにファン層を獲得するため、よりポップに進化するバンドもいる。自分のやりたいサウンドがファンの求めるものを無視して過激に貫くか、迎合するかのどっちかだ。

  彼らが選んだ道は、メジャー化。ここにはメロディック・パンクはない。恋愛のドキドキする感情もない。あるのはトラヴィスや後期スマッシング・パンプキンズなどに影響を受けた、ミディアムテンポ、ビューティフル系のオルタナティヴ・ロック。音楽性そのものが180度、変化したのだ。

 ここではビューティフル・エモの先駆けとなる、美しくも儚いサウンドを展開している。たとえば“エニィホエアー・ウィズ・ユー”では、ノイジーなギターがカッコいい、アメリカン・ギターポップ・サウンドを展開している。“ワット・ウェント・ロング”では、メランコリー神経質なメロディーとコーラスが特徴的で、心の痛みを優しくなでるような歌声が印象的だ。“ドライヴィング・イン・ザ・ダーク”では、秋の木枯らしのような寒々としたシンセの音と、秋の落ち葉と古いアンティークな家具を感じさせるメロディーが、物憂げで繊細な作り物のようで、とてもすばらしい。“エニィホエアー・ウィズ・ユー”から“ドライヴィング・イン・ザ・ダーク”へと続く流れが絶妙で、すばらしい。聴くものに深い感動を与えてくれるのだ。そしてとくにすばらしいのが、コンリーの歌声。鼻声を利かせ、まろやかに柔らかく弱々しく優しい。それがアルバムの中心となり、メランコリーで儚く、美しく、優しさと悲しみに満ちた世界観をより際立たせている。コンリーは後日のインタビューで人生で一番ダークな時期に作った作品だと振り返っている。メジャー移籍というプレッシャーと辛い気持ちが、最高傑作を生んだのだ。

 日本ではこの作品に対する評価が高い。このサウンドをベースにバンド活動をしている日本のエモ系ビューティフル・バンドも存在したりする。彼らの最高傑作として高い評価を得ている。それほど、すばらしい作品なのだ。だがアメリカでは評判が悪い。その理由は、メロディック・パンクを捨て、ノリの悪いオルタナティヴ・サウンドに変化したからだ。彼らは商業主義に走ったとさえ、評価されている。セイヴス・ザ・ディというバンドイメージである、学生時代の恋愛のドキドキする気持ちを捨て、悲しみに満ちたサウンドに変化した。その繊細でメランコリックな悲しみが、アメリカ人には受け入れられなかったようだ。

 だが果たして本当に商業主義に走ったのだろうか?ぼくはそうは思わない。たしかに彼らはメロディック・パンクを捨て、恋愛のドキドキする気持ちを表現することをやめた。過去の彼らのサウンドとアティチュードとは決別をした作品だが、はたしてそれが悪いことなのだろうか?このメランコリックで美しく優しさに満ちた悲しみは、聴くものに感動を与えてくれる。それがポップ・ソングであったとしても、決して悪いことではないのではないか。大切なのは良い作品なのか否か。正直言えば、前作までは、――ボーカルと湿ったメロディーが特徴的だとはいえ――それほど、オリジナルティーにあふれた作品ではなかった。ここまで感動することもなかったし、美しいと感じることもなかった。それが今作ではその評価を得ている。それ自体、決して悪いことではないのではないか。たしかに彼らのキャリアのなかでは、異作といえる作品だが、すばらしい傑作だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SAVES THE DAY 『STAY WHAT YOU ARE』

ステイ・ホワット・ユー・アーステイ・ホワット・ユー・アー
セイヴス・ザ・デイ

ビクターエンタテインメント 2001-06-21
売り上げランキング : 124134

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 01年に発表された3作目。前作『スルー・ビーイング・スルー』のセールスが好調だったため、大手インディー・レーベル、ヴェイグランドに移籍を果たした。当時、所属していたレーベルはイゴール・ヴィジョン。イゴール・ヴィジョンは小規模なレーベルで、作った音源を複製する部数に限度があったし、セールス面や広告・宣伝面でも、アピール範囲が狭く、限界があった。そしてなりより取り扱っているアーティストはどれもポスト・ハードコア系のヘヴィーな音を追求しているバンドが在籍したレーベルだった。そんなイゴール・ヴィジョンと比べ、ヴェイグランドは、当時新興レーベルでこそあったが、エモという新しく誕生したジャンルのバンドと、積極的に契約を交わし、なかでもゲッド・アップ・キッズの大ブレイクによって、当時、飛躍的に大きく売り上げを伸ばし、飛ぶ鳥を落とす勢いがあった。

 そんなヴェイグランドと契約を交わしたセイヴス・ザ・ディ。そこで得られたメリットは、はるかに大きかった。まず一つ目はエピタフと肩を並べるほどの大手インディーレーベルに移籍することによって、セイヴス・ザ・ディというバンドの注目度がさらにあがり、セールスも伸びた。二つ目はバンド・イメージとレーベル・イメージが共通点。そのお陰でセイヴス・ザ・ディは、これから先、エモというジャンルのバンドとして括られることになり、ポップなサウンドを展開しているバンドだというイメージを、世間に植えつけることに成功した。バンド、レーベル側の双方が望んでいる結果を得られることになったのだ。

 ヴェイグランドと契約を交わしたことによって、相当意気込んで制作されたと思われる今作は、前作よりもさらにポップさを追求している。サウンドのベースにあるポップ・パンクであることに変わりはない。だが、ここでは前作よりさらにメロディーに力を入れている。前作のブリンク182などに影響を受けた西海岸のポップ・パンク・サウンドとは違い、ここではアメリカンポップスから影響を受けたメロディーを追求している。

 たとえば“サートゥン・トラジェディ”では、平凡なラブソングを歌った明るく健やかな60年代のアメリカン・ポップスからメロディーを取り入れて、“フリーキッシュ”では、スイートなメロディーが魅力で、切なく甘酸っぱいバラードを歌っている。また“ジュークボックス・ブレイクダウン”では、中国っぽいメロディーを取り入れ、変わったアレンジを展開している。アメリカンポップスを取り入れたことによって、バンドイメージも、不良っぽさがまったくない、健全な若者が抱えたコップレックスや、学生時代の恋愛や平凡な悩みなどを、打ち出すことに成功している。

 そして今回とくに成長を感じるのが、ボーカルの歌声。甘酸っぱさとスウィートで甘いメロディーを有した歌声で、曲によって感情の押し引きを憶えた。ときには楽しさの陰を表現し、感情によって声色を変えたり裏声を使って、自分の美声の長所を生かした歌い方をしている。

 歌詞も学生時代の恋愛の甘酸っぱい気持ちを歌った青春の一幕といった内容は健在。だが今作では<口の中に林檎を突っ込まれた豚のようにされる>や、<しばらくしたらそこが落雷で燃え上がる>などの比喩が目立つ。若干大げさに感じるかもしれないが、彼女に対する想いを表現するのに何かにたとえるほうが適していると感じて比喩を多用しているのだろう。だがその比喩のお陰で、未熟さ、真摯な気持ち、後年振り返ると赤面しそうな恥ずかしさなどの、いわゆる若気の至りがなくなった。その辺は少し残念だが、円熟味は確実に増している。

 全体的に初期衝動や疾走感はなくなったが、その分メロディーをじっくりと練り上げ、厳選し、甘酸っぱさとスイートさは確実に増している。ものすごいこだわりを見せている。これほど甘酸っぱさが凝縮されたメロディック・パンクはほかにはないのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SAVES THE DAY 『THROUGH・BEING・COOL』

スルー・ビーイング・クールスルー・ビーイング・クール
セイヴス・ザ・デイ

ビクターエンタテインメント 2001-06-27
売り上げランキング : 506017

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 99年発表の2作目。4ヶ月前に発表されたアコースティックEPは、彼らにとって、肩の力を抜いた実験的な作品だった。ここでは本来彼らが演りたいサウンドのメロディック・パンクにこだわりをみせている。

 前作と比べると今作では、明らかに成長している。前作では粗削りなサウンドで、不器用に疾走していく姿が印象的であった。今作ではそのぎこちなさが改善され、メロディーもしっかりしてきた。とくにボーカルの歌声が、感情表現の幅が広がった。“ショルダー・トゥ・ザ・ホイール”では、メロディーにブリンク182の影響が伺え、<僕たちは車を走らせ、デイヴはスピードを出す~ラジオからはクイーンの曲がかかり、僕たちをロックしている>と、楽しい青春の一幕について歌っている。また“ロック・トニック・ジュース・マジック”では、暗く陰りのあるメロディーを展開し、<君は美しいけど、中身は醜い>と歌い、理想の女性に対する幻滅した思いや悔しさを歌っている。そして“サード・エンジン”では、切なく優しくまろやかなメロディーのメロディックパンクを展開。<僕たちが100マイルも離れていなかった時は、すべてもっとうまくいっていた。僕の前に座っている人を見ると君を思い出す>と、遠い土地へ旅しながらも、彼女のことを愛し続けている恋愛の純粋な想いを歌っている。

 ここで歌われている内容は、心地よい風を浴びるときの楽しさや、恋愛で感じる切なさ、憂鬱な気分や若さゆえ悩み苦しむ煩悶といた気持ちなど、幅広い感情がある。まさに青春真っ只中にいる感情だ。

 サウンド的にも、ギターのメロディーが円熟味を増し、ボーカルの歌声メロディーがさらに加味され、ものすごく聴きやすく極上なポップ・パンクを展開している。 これだけ成長を遂げた理由には、メンバーチェンジが挙げられる。今作ではギター2人とベースが新たに加わった。そのお陰で演奏は劇的にうまくなった。そしてその2人のギターセンスからは、ライフタイムやダグ・ナスティーの影響は感じられない。あるのはブリンク182の影響を感じる西海岸のメロディックパンク。そこにときよりアイアンメイデンやエアロスミスのようなハードロックのメロディーが絡む。そこに青春時代に感じる甘酸っぱさが加わっている。それが極上なポップパンクに仕上がっている原因なのだ。

 日本で彼らはエモ・バンドとして語られているが、そこにはエモからの影響はまったく感じられない。明るくノー天気な西海岸のメロディック・パンクを、東海岸風のネガティヴで湿った感情を加え、深化させた、異なるスタイルのメロディック・パンクなのだ。なお99年は、ジミー・イート・ワールドの『クラリティー』や、ゲッド・アップ・キッズの『サムシング・トゥ・ライト・ホーム・アバウト』などのアルバムがブレイクし、エモ・ロックが普及した年だった。そんななか、この作品はアメリカの雑誌、オルタナプレスから、99年の影響ある作品のベスト100の中に選ばれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイヴス・ザ・デイ  『アイム・ソーリー・アイム・リヴィング』

I'm Sorry I'm LeavingI'm Sorry I'm Leaving
Saves the Day

Spirit Filled 2001-01-19
売り上げランキング : 699053

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 99年に発表された5曲入りのEP。前作の野太いギターコードが特徴のメロディックパンクとは違い、ここではアコースティックギターを中心とした軽快なサウンドを展開している。エレキギターからアコースティックに代えたといっても、曲のベースになっているのはメロディック・パンク。だからテンポの速い曲が多い。さほどヴァラエティーに富んだ作品ではないが、なかには“アイ・メルト・ウィズ・ユー”のような、スミスに影響を受けたネオ・アコースティックな曲もある。

 アコースティックギター中心のアルバムとは、ある意味ボーカルのごまかしの効かないサウンドだ。その理由は、アコースティックの軽快な音ゆえ、どうしてもボーカル中心のサウンドにならざる得ないからだ。だから音程が外れていたり、声が出ていなかったりすると、周りの音が小さい分、ごまかすことができない。声量や声色が顕著に目立つため、才能のあるボーカリストなのかどうか、簡単に判断できてしまうのだ。

 そういった意味では、クリス・コンリーの透明で少年のあどけなさが残る歌声は、才能のあるボーカリストといえるだろう。ここではさらに悲しみと悔しさを含んだ表現なども見られ、感情の表現の幅が広がっている。とくに印象的なのが“アイム・ソーリー・アイム・リヴィング”。切なさを含んだアコースティックに、やりきれない想いを熱く叫ぶボーカルが印象的な曲。彼のサウンドにはエモの要素があまり感じられなかったが、ここでやりきれない気持ちを叫んでいる姿はまさにエモ。それこの先、彼らがエモと呼ばれる所以になった、きっかけの曲なのだ。

 後世になると彼らもまたエモの代表格と呼ばれるようになるが、彼らがエモといわれる所以はサウンドではない。あくまでも青春の要素を含んだボーカル・スタイルにあるのだ。しかもこのあとダッシュボード・コンフェッショナルなどのアーティストが、アコースティック作品を発表したきっかけにもなった作品だ。この作品をきっかけの雨後の竹の子のように、アコースティック作品を発表するアーティストが増えた。そういった意味でも、後世に与えた影響も大きい作品といえるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイヴス・ザ・デイ  『キャント・スロウ・ダウン』

Can't Slow DownCan't Slow Down
Saves The Day

Equal Vision Records 1998-08-10
売り上げランキング : 375516

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 98年に発表されたデビュー作。ボーカリストであるクリス・コンリーが、高校生のときに作られた作品。当時の参考資料を読むと地元ニュージャージーのメロディック・ハードコア・バンド、ライフタイムやワシントンDCのダグ・ナスティー、イギリス・ニューウェーヴ・バンドのポリスやスミスに影響を受け、バンドを始めたそうだ。

 スミスやポリスの影響こそ感じることができないが、ここで展開されているサウンドは、ダグ・ナスティーやライフ・タイム、初期パンクに影響を受けたメロディック・パンク。スピーディーで野太いギターコードに、繊細なメロディーが絡むサウンド。すべてが勢いだけでグイグイ押していく展開の、ノー天気な明るさよりも、憂いなどの湿った感情がある典型的な東海岸のメロディック・パンクだ。

 サウンド的にはこの時点で、オリジナルティーを感じることはできないが、クリスの少年のあどけなさが残る歌声が特徴的。妙に高音が伸びる歌い方こそ稚拙さが残るが、悲しみや憂い、やりきれない感情を叫んでいる。

 その感情が込められている歌詞がすごい。“チョーク”では、<僕の気持ちはまだ心の中。君が見えないところにまだ閉まってある。指先を噛めばこの溢れる気持ちを伝える言葉を何とか見つけられるかもしれない>と歌っている。そこには初恋をしたとき相手に打ち明けることのできない想いがあり、胸が締め付けられるような想いや瑞々しさがある。そして“オブソリート”では、<毎日が同じことの繰り返し、僕がどんなに孤独な人間なのか、思い巡らす毎日~幸せって結局どういうことなんだ?>と、なぜ自分が不幸な境遇なのかと、問いかけている。

 歌詞は、ボーカル、コンリーの当時の人生を反映した内容で、誠実さや感傷や孤独、理想的な夢などがアルバムのテーマになっている。歌詞すべてに共通するのは、まるで「若きウエイテルの悩み」のような、純粋で無色透明なみずみずしい内容だ。初恋のときに感じる感情や思春期特有のドキドキ感や、世の中に対する疑問。挫折や失敗、深い孤独や恋など、すべてが初めて経験する感情。それこそが16~18歳特有の感性なのだ。ボーカルにも演奏技術にも、未熟さを多分に感じる。歌詞も大人から見れば、思わず叫びたくなるような恥ずかしくなる内容だが、だがその未熟さが逆に魅力となっている作品なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツインフォークス  『EP』

61cpdis9bl_aa200_

 ダッシュボード・コンフェショナルのクリス・ギャラハーらによって、結成されたツイン・フォークスの13年に発表された5曲入りのデビューEP。参加しているメンバーは、ダッシュボード・コンフェッショナルからクリス・ギャラハーとジョナサン・クラーク。ニューヨーク出身のアコースティックを中心としたインディ・ポップ・バンド、ザ・ナラティヴのボーカル、スージー・ゼルディン。こちらもインディー・フォーク・バンド、バッド・ブックスのドラム、ベン・ホモラの4人で構成されている。

 近年のクリス・ギャラハーの活動は、実に多彩だ。多感な時期に影響を受けたアーティストをカヴァーしたクリス名義のソロに始まり、失われた初期衝動を取り戻すため、再結成をしたファーザー・シームス・フォーエバーなど、ダッシュボード・コンフェッショナルから離れた活動をしている。

 そして今回、アメリカ・ルーツ・ミュージックを演奏。そのサウンドは、アイリッシュ・トラディッショナル・フォークやアメリカン・カントリーなどの、ルーツ・ミュージック。トム•ペティやキャット•スティーブンス、ジョン•デンバーやゴードン・ライトフットなどに影響を受けた、カウボーイ和音を意識したサウンドを展開している。

 この作品がすばらしいと思うのは、枯れた円熟味に走っていないところだ。アメリカのベテランのアーティストほど、達観した人生に裏づけされた渋みの効いたアコースティックをやる傾向にある。だがここでは、渋みや枯れはない。あるのは葡萄の豊作を祝うような祝祭感。全曲を通して、田舎ののどかな楽しさにあふれている。

 それにしてもクリスの音楽を純粋に楽しんでいる姿勢には、好感が持てる。クリス名義のソロと、ファーザー・シームス・フォーエバーの再結成以降の彼は、サウンド的にも感情的にもヴァラエティー豊かな表現を追及している。とくにボーカルを挙げると、彼には透明で熱い歌声という才能があった。ダッシュボード・コンフェッショナル時代は、彼女にフラれ、悲しみと屈辱に耐えながら前へ進んでいくといった、熱く透明な歌声が魅力であった。だがその反面ボーカリストとして、表現が乏しい一面もあった。それが他者とバンドを組むことで違った視点から音楽を吸収することできた。そこお陰で、いろんな歌い方や声の抑揚の付け方、感情の表現などを習得した。ボーカリストとして確実に成長を遂げている。サウンドにオリジナルティーはないかもしれないが、聴いていて嬉しい気分になれるし、のどかさがいい。いい作品だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »