« セイヴス・ザ・デイ  『アンダー・ザ・ボーズ』 | トップページ | SAVES THE DAY  »

SAVES THE DAY 『DAYBREAK』

デイブレイクデイブレイク
セイヴス・ザ・デイ

ビクターエンタテインメント 2011-09-06
売り上げランキング : 455602

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 11年発表の7作目。自分探し第3弾。最終章となる今作のテーマは、受け入れること。当初、この作品は08年に発表予定であった。だがレーベルの移籍やメンバーチェンジなどのトラブルが生じてしまい、発表が3年延びてしまった。

 とくにメンバーチェンジは深刻で、10年間在籍をし、ギターメロディーを担当していたデヴィットを含め、クリス以外のメンバーはすべて代わった。一度作った作品を、新たなメンバーで、再度、録り直したそうだ。一見ものすごいトラブルがあったように思われるが、クリス自身、このメンバーチェンジを前向きに捉えている。その理由は、前メンバーでのレコーディングが、しっくりこなかったから。メロディック・パンクなギターが持ち味のデヴィットとは違い、新メンバー、アランのギターセンスは、インディーロックやオルタナに影響を受けたサウンド。ギターセンスが違う新しいメンバーが加入したことによって、新鮮さをもたらし、理想のサウンドに仕上がったという。2年前にリリースしていたら、こんなにいいアルバムにはならなかったと、クリスは後日のインタビューで語っている。メンバーチェンジとレーベル移籍というトラブルが、アルバムに熟成期間を与えてくれたのだ。

 そんなプロセスを経て完成した今作は、『イン・レヴァリー』の延長上にあるナイーヴな悲しみに満ちたオルタナティヴなサウンド。そこにグリーンディの『アメリカン・イデオット』のようなパンクオペラや、フランメコギターや、オルタナティヴな実験的なメロディーなど、新しい要素が加わった。“ディレンジド&デスペレイト”では、警告音のようなメロディーを導入し、今までにない新しい展開で、新メンバーであるアランの個性が遺憾なく発揮されている。

 歌詞は、彼女と別れや、再会、そしてよりを戻すという順番で、曲は展開していく。まず始めの1曲目のパンクオペラの“デイブレイク”では、これまでの3部作を総括した内容で、彼女が去って心にぽっかりと開いた心の空白と苦しみをアルコールで紛らわしている。そこから心を掻き乱されるような苦しみを経て、時間がたつにつれ、傷口をなでるような落ち着きと優しさを取り戻し、悲しみを受け入れ、立ち直っていくという、物語を展開している。

 そしてアルバム後半の8曲目の“リヴィング・ウィズアウト・ラヴ”では<俺たちは道に迷っている。引き裂かれ、褒め称え、批判する>と、彼女と別れた時期は、自分を見失っていたと、結論付けている。苦難を乗り越え、自分の気持ちが天気が晴れたような、清々しさとともに、劇的な結末を迎えていく。

 今作のテーマである、受け入れることとは、苦しみや孤独などのすべてを自らの中に受け入れることだなのだ。そして第1章の怒りと、第2章の反省と後悔を経て手に入れたものとは、愛だったのだ。愛とは隙の延長上にあるものではなく、相手のいやな部分や欠点も受け入れること。達観した感情のことなのだ。この3部作の自分探しの答えとは、愛にあったのだ。

 彼らが探していた答えが見つかったという影響もあると思うが、アルバムの後半では特に晴れ晴れとした感情があり、今まで彼らにあった満たされない思いが解消されている。挫折や苦難を経て、彼らが大人になった姿がある。それがこの作品の魅力なのだ。

|

« セイヴス・ザ・デイ  『アンダー・ザ・ボーズ』 | トップページ | SAVES THE DAY  »

S」カテゴリの記事

エモ」カテゴリの記事

メロディックパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/58596035

この記事へのトラックバック一覧です: SAVES THE DAY 『DAYBREAK』:

« セイヴス・ザ・デイ  『アンダー・ザ・ボーズ』 | トップページ | SAVES THE DAY  »