プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« Off! (オフ)  『Wasted Years (ウェスデッド・イヤーズ)』 | トップページ | Chiodos  『Bone Palace Ballet』 »

2014/05/16

CHIODOS  『All's Well That Ends Well』

オールズ・ウェル・ザット・エンズ・ウェル(DVD付)オールズ・ウェル・ザット・エンズ・ウェル(DVD付)
チオドス

HOWLING BULL 2006-11-22
売り上げランキング : 381167

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 05年発表のデビュー作。スクリーモというジャンルでカテゴライズされているチオドスだが、スクリーモ界では第二世代のバンドに当たる。第一世代はザ・ユーズドやテイキング・バック・サンディー、サーズディなどで、綺麗で繊細なメロディーを持ち、エモーショナルがスクリームに変化したバンドたちだ。スクリーモというオリジナルなサウンドを確立し、先駆者として語られている。そんな彼らたちと比べると、チオドスは第二世代のバンドに当たる。その第二世代のバンドたちとは、確立されたスクリーモ・サウンドに、プラスアルファーの要素を加えたバンドたちだ。たとえばセイオシンは、美声とスクリームで美と醜の二律背反する要素をうまく融合させた。アンダーオースはカオティック・ハードコアをベースにスクリームを加え、そこにクリスチャンの思想とコーラスを加えた。そしてチオドスは、スクリーモというサウンド・フォーマットに、クラシックの要素を加えた。彼らも新しいスタイルのスクリーモを提示したバンドなのだ。

 そんなチオドスの世界観とは、シェイクスピアの小説やギリシャ神話のような世界観。そこには神の怒りを買い、天罰を受けるようなドラマティックな悲劇がある。優雅で上品に静かに響くピアノには、精神的に脆く崩れそうな悲しみが感じられ、心の破綻を表すかのような苦痛の絶叫が響き渡る。セイオシンやスカイリッド・ドライブのような二律背反や2面性とは違い、悲しみの告白から苦痛のスクリームへと感情が高ぶっていくスタイルだ。その脆く崩れそうな繊細さが、絶叫と交えた暴力的なサウンドが彼らの特徴で、ギリシャ神話のような芸術的な美しさが壊れていく瞬間こそ、彼らの描いている世界観なのだ。

 この作品の3年後に、ボーカルのクレイグ・オーウェンズが精神安定剤の大量摂取でオーバードースになり病院に運ばれるという事故が起きたが、その出来事がこのバンドのサウンドを象徴している出来事といえるだろう。それほと繊細で脆い精神の持ち主が、作品を作っていたのだ。

« Off! (オフ)  『Wasted Years (ウェスデッド・イヤーズ)』 | トップページ | Chiodos  『Bone Palace Ballet』 »

C」カテゴリの記事

スクリーモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/59650598

この記事へのトラックバック一覧です: CHIODOS  『All's Well That Ends Well』:

« Off! (オフ)  『Wasted Years (ウェスデッド・イヤーズ)』 | トップページ | Chiodos  『Bone Palace Ballet』 »

スポンサードリンク


最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポンサードリンク