プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« Fucked Up (ファックド・アップ)  『Singles Collection (シングル・コレクション)』 | トップページ | Fucked Up (ファックド・アップ)  『Couple Tracks: Singles 2002-2009 (コンパイル・トラックス シングルス2002~2009)』 »

2014/07/25

Fucked Up (ファックド・アップ)  『Epics in Minutes (エピック・イン・ミニッツ)』

Epics in MinutesEpics in Minutes
Fucked Up

Deranged Records 2008-05-11
売り上げランキング : 269407

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 04年に発表されたシングル集。ファックド・アップの原点を収録した作品で、実質的な意味でデビューアルバムとなる。いまも昔も彼ららしさは失われていないが、まさしく初期衝動に溢れた作品といえる。

 その内容だが、1,2,6,9曲目は04年発表の『Litany』。3,4は03年発表の『Baiting The Public』。7は02年発表の『Police』。8は02年発表の『No Pasaran』。12は03年発表の『Dance of Death』。14~21は、02年の一番最初に発表された『デモテープ』から。そして5,10,11,13は未発表曲。5枚のシングルとデモテープ、未発表曲が4曲の、計21曲が収録されている。

 
 とくに“ベイティング・ザ・パブリック”は、3,4の2曲に分かれているが、06発表のデビュー作『ヒッデン・ワールド』では、この2曲が結合され、尺がやや長めに伸びている。

 肝心のサウンドだが、ど真ん中をいくハードコアサウンドで、怒りに満ちた初期衝動が印象的だ。とくにバンドを始めてころのライブを収録された『デモテープ』では、ゴリゴリのハードコアを通り越して、カオティックなサウンドを展開している。砂嵐のようなノイズのギターと、地獄の怨霊のようなデス声、マシンガンのようなドラムが印象的だ。まるでブルータル・トゥルースをそのままカヴァーしたようなサウンドだ。

 演奏の技術や自分たちにしかないオリジナルなサウンドを追求しているというよりも、とにかく自分たちの好きなバンドを模倣し、内面にたまった怒りを吐き出そうという意識が垣間見れる。それが彼らの初期衝動なのだ。この作品以降、いい意味は彼らはオリジナルティーを追求し始める。ここでは怒りを吐き出すという意識のみで作品が作られている。そんな純粋な彼らはこの作品でしか味わえない。そういった意味では貴重な作品なのだ。

« Fucked Up (ファックド・アップ)  『Singles Collection (シングル・コレクション)』 | トップページ | Fucked Up (ファックド・アップ)  『Couple Tracks: Singles 2002-2009 (コンパイル・トラックス シングルス2002~2009)』 »

F」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/60042156

この記事へのトラックバック一覧です: Fucked Up (ファックド・アップ)  『Epics in Minutes (エピック・イン・ミニッツ)』:

« Fucked Up (ファックド・アップ)  『Singles Collection (シングル・コレクション)』 | トップページ | Fucked Up (ファックド・アップ)  『Couple Tracks: Singles 2002-2009 (コンパイル・トラックス シングルス2002~2009)』 »

スポンサードリンク


最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポンサードリンク