プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« C.O.C (Corrosion Of Conformity コローション・オブ・コンフォミティー)  『Animosity (アモノシティ)』 | トップページ | C.O.C(Corrosion of Conformity コローション・オブ・コンフォミティー)  『Ⅸ』 »

2014/09/08

C.O.C (Corrosion of Conformity コローション・オブ・コンフォミティー)  『Technocracy (テクノクラシー)』

TechnocracyTechnocracy
Corrosion of Conformity

Metal Blade 1999-11-13
売り上げランキング : 130696

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 87年発表の3作目。前作よりもさらにメタル化が進んだ作品。今作でもまたボーカルが、ベースのマイク・ディーンからノース・キャロライナ州の伝説のハードコア・バンド、アグリー・アメリカンズのサイモン・ボブ・シニスターに代わった。どうやら彼らは今作から、クロスオーバー・バンドとして、世間から認知されているようだ。

 サウンドスタイルには大幅な変化はないが、たしかに今作ではザクザク刻むギターのリフやテクニカルなメロディーからは、メタルそのものの影響を色濃く感じる。個人的にはハードコアとメタルの割合は、7対3くらいに感じか。とくにハードコアの影響が強いのは、スラップベースと断片的に残っているボーカルの、マイナー・スレットのような簡潔な言葉の歌い方と2ビートのドラムくらいか。曲が後半に進むにつれ、メタル色が強くなっていく展開だ。

 個人的にはハードコアのような真摯な姿勢や怒りを吐き出すような衝動が薄れてしまったのは、残念に思えるが、このクロスオーバーの形も彼らしかありえないオリジナルなスタイルだ。

« C.O.C (Corrosion Of Conformity コローション・オブ・コンフォミティー)  『Animosity (アモノシティ)』 | トップページ | C.O.C(Corrosion of Conformity コローション・オブ・コンフォミティー)  『Ⅸ』 »

C」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/60283761

この記事へのトラックバック一覧です: C.O.C (Corrosion of Conformity コローション・オブ・コンフォミティー)  『Technocracy (テクノクラシー)』:

« C.O.C (Corrosion Of Conformity コローション・オブ・コンフォミティー)  『Animosity (アモノシティ)』 | トップページ | C.O.C(Corrosion of Conformity コローション・オブ・コンフォミティー)  『Ⅸ』 »

スポンサードリンク


最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポンサードリンク