プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« Against Me! (アゲインスト・ミー!)  『Reinventing Axl Rose (リインヴェンティング・アクセル・ローズ)』 | トップページ | Against Me (アゲインスト・ミー!)  『Searching for a Former Clarity (サーチング・フォー・ア・フォーマー・クラリティー)』 »

2014/11/21

Against Me (アゲインスト・ミー!)  『As the Eternal Cowboy (アズ・ザ・エターナル・カーボーイ)』


As the Eternal CowboyAs the Eternal Cowboy
Against Me

Fat Wreck Chords 2003-11-03
売り上げランキング : 386332

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 02年発表の2作目。彼らの最高傑作はこの作品。ベースがダスティン・フリドキンからアンドリュー・スワードにメンバーチェンジ。そのせいか、前作よりもボーカルの余分な力が抜け、男くさい気合いの入ったサウンドに仕上がっている。例えるなら、前作がバンジョーかたてソンブレロを被り、悲哀が入り交じったメキシコ風のカーボーイだとすると、今作はガンマンとバーボンが似合う土臭く荒々しいカーボーイ像だ。

 今作で多く変わったのは、やはりボーカルの歌い方だろう。前作までは苦しみに満ちた叫び声だったが、今作では気合の入った男くさい怒声へと変化している。ここには前作にあった羨望や理想への変身願望、悲哀やといった感情は見当たらない。“パーティーは終わった”という一節から始まり、突貫のような勢いで突き抜けていく。そこには祭りのあとの虚しい感情から始まり、開き直ったような気楽な感情がある。意気込んでも仕方がない、自分の好きなことを気楽にやろうとする意志と、猥雑で荒々しいエナジーに満ちている。熱さを通り越して、すがすがしさすらを感じ取ることができるのだ。

 彼らの個性であるカーボーイスタイルやカントリー&ウエスタンをベースにしたメロディック・パンクも、スカ調のノリのよさを取り入れたり、アコースティックギターとエレキギターの分厚いコードギターの2つになったお陰で、溶け合うバターのようにサウンドが融合した。口ずさみたくなるほどポップで、ここでは聴いていて、熱くなるし、勇ましい気分にもなる。どこかルーズで荒々しいカーボーイサウンドはカッコいいし、最高。それらが最高傑作の所以なのだ。

« Against Me! (アゲインスト・ミー!)  『Reinventing Axl Rose (リインヴェンティング・アクセル・ローズ)』 | トップページ | Against Me (アゲインスト・ミー!)  『Searching for a Former Clarity (サーチング・フォー・ア・フォーマー・クラリティー)』 »

A」カテゴリの記事

パンク」カテゴリの記事

メロディックパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/60686599

この記事へのトラックバック一覧です: Against Me (アゲインスト・ミー!)  『As the Eternal Cowboy (アズ・ザ・エターナル・カーボーイ)』:

« Against Me! (アゲインスト・ミー!)  『Reinventing Axl Rose (リインヴェンティング・アクセル・ローズ)』 | トップページ | Against Me (アゲインスト・ミー!)  『Searching for a Former Clarity (サーチング・フォー・ア・フォーマー・クラリティー)』 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク