プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« Against Me! (アゲインスト・ミー!)  『Frist Demo (ファースト・デモ)』 | トップページ | Against Me! (アゲインスト・ミー!)  『2000 EP』 »

2014/11/04

Against Me! (アゲインスト・ミー!)  『Vivida Vis!』

Cover

 98年に発表された2枚目のデモ。今作も前作同様に、アコースティックギターと絶叫という部分では、まったく変わっていない。だが前作と比べると、はるかにエモーショナルな作品に仕上がっている。アルバム全体に漂っていた牧歌的なムードは薄れ、やり切れない想いや絶望などの鬱屈した感情を吐き出している。

 今作では演奏面でも感情が込められた作品だということが理解できる。ときよりブラストビートのようなドラムや力強く爪弾くギターからは、押さえ切れない感情の丈を感じることができるし、歌声の感情が高まるにつれ、動悸が高鳴るように演奏も熱みが増していく。ギターの音こそ単調なままだが、アレンジがバラエティー豊かになった。確実に成長の後が窺える作品だ。だがやはりデモの域から抜け出していないし、どんなバンドを目指しているのか、方向性も見えてこない。彼らの本領が発揮されるのは次の作品から。


« Against Me! (アゲインスト・ミー!)  『Frist Demo (ファースト・デモ)』 | トップページ | Against Me! (アゲインスト・ミー!)  『2000 EP』 »

A」カテゴリの記事

メロディックパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/60599249

この記事へのトラックバック一覧です: Against Me! (アゲインスト・ミー!)  『Vivida Vis!』:

« Against Me! (アゲインスト・ミー!)  『Frist Demo (ファースト・デモ)』 | トップページ | Against Me! (アゲインスト・ミー!)  『2000 EP』 »

スポンサードリンク


最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポンサードリンク