プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« Against Me (アゲインスト・ミー!)  『New Wave (ニューウェーヴ)』 | トップページ | Against Me ! (アゲインスト・ミー!)  『Original Cowboy (オリジナル・カーボーイ)』 »

2014/12/07

Against Me ! (アゲインスト・ミー!)  『New Wave B-side (ニューウェーヴ B-side)』

Against_me__new_wave_bsides_cover

 08年に発表された。シングルのB面を集めたアウトテイク集。ダウンロードのみの販売。メジャーデビュー作となった“ニューウェーヴ”は、シングルカットされた曲が4曲もあった作品だったのだ。まず“ジプシー・パンサー”は、“ストップ”のB面に収録された曲。“ソー・マチ・モア”は、“ニューウェーヴ”のB面。“フル・セッシュ”は“ホワイト・ピープル・フォー・ピース”のB面。“アンタイトルテッド”は、アルバム『ニューウェーヴ』のデラックス・エディションに収録されたボーナストラック。“ユー・マスト・ビー・ウィリング”は“スラッシュ・アンリアル”のB面。計5曲が収録されている。

 5曲ともアルバムに収録されててもおかしくないくらい、クオリティーの高い曲だが、この曲たちが選考からもれた理由は、似たタイプの曲がアルバムに収録されているのと、アルバムの雰囲気とかけ離れた曲のためだろう。たからだろう。たとえば“ジプシー・パンサー”はリズムを重視した曲で“ソー・マチ・モア”と“アンタイトルテッド”メロディック・パンクな曲。“ホワイト・ピープル・フォー・ピース”とタイプがかぶっているから選考から外れたのだろう。

 そしてダブ調“フル・セッシュ”や“ユー・マスト・ビー・ウィリング”のアコースティック・バラードはいままでなかったタイプの曲だが、あまりにもアルバム世界観とはかけ離れているから、選考からもれたのだろう。だがこの2曲に関してはアゲインスト・ミーのなかでいままでなかったタイプの曲だ。ダブ調“フル・セッシュ”は闇夜にきらりと光るナイフのようなとがった曲で、枯れと渋みの効いた切ないバラードの“ユー・マスト・ビー・ウィリング”は、心にしみる名曲だったりする。この2曲のためだけに買うのもいいと思う。それほど価値のあるアウトテイク集だ。

« Against Me (アゲインスト・ミー!)  『New Wave (ニューウェーヴ)』 | トップページ | Against Me ! (アゲインスト・ミー!)  『Original Cowboy (オリジナル・カーボーイ)』 »

A」カテゴリの記事

パンク」カテゴリの記事

メロディックパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/60775810

この記事へのトラックバック一覧です: Against Me ! (アゲインスト・ミー!)  『New Wave B-side (ニューウェーヴ B-side)』:

« Against Me (アゲインスト・ミー!)  『New Wave (ニューウェーヴ)』 | トップページ | Against Me ! (アゲインスト・ミー!)  『Original Cowboy (オリジナル・カーボーイ)』 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク