プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« 鉄アレイ   『Ⅳ』 | トップページ | Overcast (オーバーキャスト)   『Only Death Is Smiling 1991-1998 (オンリー・デス・イズ・スマイリング:1991-1998) 』 »

2015/02/17

Darkside NYC (ダークサイド・NYC) 『 Optimism Is Self-Deception: Vols. 1& 2 (オプティイズム・イズ・セルフ-ディセプション:Vols.1&2)』

Image


 デスコアの創始者であり、日本では極悪ハードコアと呼ばれたsheer trerer。その元メンバーであるギタリストのブレイクによって結成されたのがダークサイド・NYCだ。98年にファースト・アルバムを発表しているようだが、その17年間にたまった曲を収録したのが、今回発売された『オプティイズム・イズ・セルフ-ディセプション:Vols.1&2』だ。

 そのサウンドは、ヘルハマーやセルティック・フロストに影響を受けたブラック、ゴジックメタルとマイナースレットのスピーディーなハードコアをベースに、ノイズやグラインドコアなどの要素を加えている。メンバー自身、マーフィーズ・ローやシック・オブ・イットオールらと同世代で、オールド・スクールな部類に入る。といってもけっしてノスタルジーなサウンドではない。むしろニューヨーク・ハードコアの最先端を行っているバンドといえるだろう。

 その理由は、昨年発売されたニューヨーク・ハードコアの最先端のサウンドのバンドを集めたコンピレーション、V.A.『NYC Ground Zero』に共通している部分を感じるからだ。彼らとは世代も違うし、おそらく交流もないだろう。V.A.『NYC Ground Zero』からのサウンド的な影響を、この作品から感じることはまったくない。だが両者に共通しているのは、ノイジーなサウンドを展開している部分だ。とくにダークサイド・NYCは、日本のノイズの先駆者、灰野敬二の影響を色濃く感じる。激流のように渦を巻くノイズ音が、性急なスピードに代わり、ボーカルの叫び声が地の底から熱い感情を召喚していく。躁病的な焦燥で攻撃的で怒り狂ったハードコア・サウンド。ここではニュースクール・ハードコアやメタルコアとはまったく異なるベクトルのサウンドを展開している。まさにニューヨーク・ハードコアの最先端なのだ。

« 鉄アレイ   『Ⅳ』 | トップページ | Overcast (オーバーキャスト)   『Only Death Is Smiling 1991-1998 (オンリー・デス・イズ・スマイリング:1991-1998) 』 »

D」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/61153882

この記事へのトラックバック一覧です: Darkside NYC (ダークサイド・NYC) 『 Optimism Is Self-Deception: Vols. 1& 2 (オプティイズム・イズ・セルフ-ディセプション:Vols.1&2)』:

« 鉄アレイ   『Ⅳ』 | トップページ | Overcast (オーバーキャスト)   『Only Death Is Smiling 1991-1998 (オンリー・デス・イズ・スマイリング:1991-1998) 』 »

スポンサードリンク


最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポンサードリンク