プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« Unbroken (アンブロークン)  『Life. Love. Regret. (ライフ,ラブ,リグレット.)』 | トップページ | 鉄アレイ   『Ⅳ』 »

2015/02/10

Unbroken (アンブロークン)  『It's Getting Tougher to Say the Right Things (イッツ・ゲッティング・タファー・トゥ・セイ・ザ・ライト・シングス)』

It's Getting Tougher to Say ThIt's Getting Tougher to Say Th
Unbroken

Indecision Records 2000-03-24
売り上げランキング : 615185

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 00年に発表された編集盤。その内訳は、92年から95年の間にリリースされたEP、コンピ収録曲などを、一枚にまとめた内容だ。1と2は、95年に発表されたEP、『Circa '77』から。3と4は94年発売の『-And/Fall on Proverb 7』から。5はジョイディヴィジョンのカバーで、94年に発表された『Abhinanda』とのスプリットから。6と7は93年に発表された『グラウンドワーク』とのスプリットから。8は、93年に発売されたコンピレーション『Lacking Mindset Compilation』に提供した曲。9と10は92年に発表したEP『ユー・ウォント・ビー・バック7』から。11は92年に発売されたコンピレーション『イッツ・フォー・ライフ』に提供した曲。いままで発表した全曲が収録されている。
 
 アルバムは年代をさかのぼるように曲順が並んでいる。3年という短期間しか活動しなかったせいか、どの曲も古さや演奏の未熟さを感じさせない。6,7,8は、『ライフ,ラブ,リグレット.』に収録された曲で、そのほかはアルバム未収録曲。とくにそのなかでも『ライフ,ラブ,リグレット.』以降の実験的な内容の曲を聴いていると、このバンドが存続して3枚目を発表していたのなら、さらに違った未来になっていただろう。とくにそう感じることができるのは3曲目の“アンド”で、ここでは電気系統がショートしたようなノイズギターが、静寂な空間をブンブンうねるベース・サウンドに入れ替わっていく展開だ。クイックサンドの『マニック・コンプレッション』が、この曲からアイデアを得て、さらに発展させたサウンドのアルバムを作ったことが容易に理解できる。そのほかにも2曲目の“クラッシュド・オン・ユー”は、静と動がアップダウンする展開で、当時のハードコア界としては最先端を行くサウンドだった。このEPたちを聴いて、ヒントを得て、その曲の先にある方向性を追及し、自分たちの個性を確立したバンドもたくさんいたのだ。後世に多大な影響をあたえた曲たちといえるだろう。前2作と同じくらいEPを集めたこのアルバムも、重要な作品なのだ。

 なお11曲目の“アンハード”の終わりにシークレット・トラックが4曲収録されている。


« Unbroken (アンブロークン)  『Life. Love. Regret. (ライフ,ラブ,リグレット.)』 | トップページ | 鉄アレイ   『Ⅳ』 »

U」カテゴリの記事

ニュースクール・ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/61112310

この記事へのトラックバック一覧です: Unbroken (アンブロークン)  『It's Getting Tougher to Say the Right Things (イッツ・ゲッティング・タファー・トゥ・セイ・ザ・ライト・シングス)』:

« Unbroken (アンブロークン)  『Life. Love. Regret. (ライフ,ラブ,リグレット.)』 | トップページ | 鉄アレイ   『Ⅳ』 »

スポンサードリンク


最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポンサードリンク