プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« Overcast (オーバーキャスト)   『Only Death Is Smiling 1991-1998 (オンリー・デス・イズ・スマイリング:1991-1998) 』 | トップページ | Refused (リフューズド)  『This Just Might Be the Truth (ディス・ジャスト・マイト・ビー・ザ・トゥルース)』 »

2015/03/23

Slapshot (スラップショット) 『Slapshot 』


Slapshot -Digi-Slapshot -Digi-
Slapshot

Imports 2014-06-25
売り上げランキング : 393358

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 85年から活動しストレートエッヂとして知られるボストンのハードコアバンドの7作目。EPを含めるとじつに9作目となる作品だが、初期のころから一貫してG.B.H系のオールドスクール・ハードコアにOiをプラスした独自なサウンドを展開している。

 今作も重く厚みのあるギターコードに、スピーディーで間段なく突き抜けていくオールドスクールなハードコアに変わりはない。気合の入ったボーカル、チョークの怒声は相変わらず健在。パワフルで熱気にあふれたサウンドを展開している。あえて変化した部分を上げるのなら、演奏技術が精密になった部分と、ギターソロなどを取り入れた部分か。あと名曲“ファック・ニューヨーク”のような、ニューヨークの良いところや悪いところの流行の最先端や憧れなどのすべてにファックをつけ、全否定する毒に満ちた歌詞がないのが、ちょっと残念な部分だ。

 だが彼らの魅力であるストレート・エッヂながらもイギーポップばりの破天荒なアティチュードはアティチュードは健在だ。気合の入ったエネルギッシュに満ちながらも、シリアスさはまったくない。歌詞も短絡的な批判や悪口に満ち、毒々しい内容がらも、そこには怒りや憎しみを通り越し、滑稽な笑いとユーモアに満ち溢れている。その魅力は今作でも失われていない。相変わらず好感の持てるバンドだ。



« Overcast (オーバーキャスト)   『Only Death Is Smiling 1991-1998 (オンリー・デス・イズ・スマイリング:1991-1998) 』 | トップページ | Refused (リフューズド)  『This Just Might Be the Truth (ディス・ジャスト・マイト・ビー・ザ・トゥルース)』 »

S」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/61323285

この記事へのトラックバック一覧です: Slapshot (スラップショット) 『Slapshot 』:

« Overcast (オーバーキャスト)   『Only Death Is Smiling 1991-1998 (オンリー・デス・イズ・スマイリング:1991-1998) 』 | トップページ | Refused (リフューズド)  『This Just Might Be the Truth (ディス・ジャスト・マイト・ビー・ザ・トゥルース)』 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク