プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« Twitching Tongues (トイッチング・タングス)  『Disharmony (ディスハメニー)』 | トップページ | Red Death (レッド・デス)  『PERMANENT EXILE (パーマメント・エグザイル)』 »

2015/12/23

Malfunction (メルファンクション)  『Fear of Failure (フィアー・オブ・フェルリア)』


Fear of FailureFear of Failure
Malfunction

Bridge Nine Records 2015-11-19
売り上げランキング : 209187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ニューヨーク州バッファロー出身のハードコア・バンドのデビュー作。クイックサンドからスナップケースへと進化していくニューヨーク・ハードコアの伝統を受け継ぎ進化させたバンド。ニュースクール・ハードコアの正当なる後継者。

 彼らのすばらしさはスナップケースやスラッグフェスト、ディスパイヤなどの90年代のチュガ・チュガ・バッファロー・ハードコアと呼ばれるサウンドを、総まとめにし、さらに進化させた部分にある。スナップケースの変則的なギター・フレーズを、よりバラエティー豊かに増やし、スラッグフェストのスローテンポで刻むグルーヴと、鉄骨を叩きつけるような重厚なギターサウンドを加えた。怒りを叩きつけるようなかすれ気味の怒声は、デスメタルからの影響を全く感じないボーカルで、ニューヨーク・ハードコアのボーカルスタイルの伝統を踏襲している。ノイジーにソリッドにタイトに進化させたサウンドは、より過激に攻撃的に前へ変化しようとする軌跡を伺える。

 そしてなによりすばらしくオリジナルティーを感じるのが、急激に変わっていく曲展開。ミドルテンポからいきなりブラストビートの急ピッチに変わる緩急をつけた複雑な曲展開は、ニューヨーク・ハードコアの伝統的な要素を取り込み、集約しながらも、彼らしかないオリジナルティーあふれるサウンドを展開しているのだ。

 まるで吐く息も凍る厳しい寒さのなか、金属と金属、肉体と肉体がぶつかり合うような音の迫力と気合。そんな緊迫感と気迫に満ちた空気が全体を支配しているのだ。

 ニュースクール・ハードコアの最新版という意味だけでなく、硬質なサウンドの迫力もすばらしいといえる内容の作品だ。

« Twitching Tongues (トイッチング・タングス)  『Disharmony (ディスハメニー)』 | トップページ | Red Death (レッド・デス)  『PERMANENT EXILE (パーマメント・エグザイル)』 »

M」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/62920714

この記事へのトラックバック一覧です: Malfunction (メルファンクション)  『Fear of Failure (フィアー・オブ・フェルリア)』:

« Twitching Tongues (トイッチング・タングス)  『Disharmony (ディスハメニー)』 | トップページ | Red Death (レッド・デス)  『PERMANENT EXILE (パーマメント・エグザイル)』 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク