プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« Malfunction (メルファンクション)  『Fear of Failure (フィアー・オブ・フェルリア)』 | トップページ | Forced Order(フォースド・オーダー)  『Eternal War(エターナル・ウォーEP)』 »

2016/01/17

Red Death (レッド・デス)  『PERMANENT EXILE (パーマメント・エグザイル)』

Homepage_large4af7fac0


コーク・バストのボーカル、ニックを中心に、ジェネサイド・パクト、ピュア・ダイジェスト、インテントなどのメンバーで結成された、ワシントンDC出身のハードコア・バンドの15年に発表されたデビュー作。アメリカではクロスオーバー、スケート・スラッシュ・ハードコアやDCファイト・メタルという呼び方をされているが、彼らのサウンドとは、オールドスクール・ハードコアにスラッシュ・メタルをクロスオーバーさせたサウンド・スタイルだ。

ベースにあるのはマイナースレットのワシントンDCの伝統を受け継ぐ、高速スピードなオールドスクール・ハードコア。そこにスラッシュメタルのリフやテクニカルなギターフレーズを合わせた。折衷度でいえば、ハードコアが4、スラッシュメタルが6ぐらいの割合か。苛立ちをはき捨てるような怒声交じりのボーカルからは、シック・オブ・イット・オールからの影響を色濃く感じ、スレイヤーばりのザクザク刻む怒りを煽るような扇情的なギターのリフからは、シンプルでストレートになりがちなハードコアに複雑な色合いをあたえている。

歌詞は自分の弱さを克服する内容や怒りについて歌っているようだ。弱い自分を自覚し、強がってみせる。ある意味、虚勢ともとれるが、過酷な状況を乗り越える精神的な強さこそ、パンク・ハードコアだと彼らは語っている。そういったアティチュードのバンドなのだ。その挑発的な姿勢と怒りや苛立ち焦燥感がサウンドから満ち溢れている。

古い要素を掛け合わせた彼らのサウンドは、今までのバンドにはなかった最新型のクロスオーバー・ハードコアといえるだろう。今までありそうでなかったハードコアの新しいサウンドといえるだろう。

« Malfunction (メルファンクション)  『Fear of Failure (フィアー・オブ・フェルリア)』 | トップページ | Forced Order(フォースド・オーダー)  『Eternal War(エターナル・ウォーEP)』 »

R」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/63077808

この記事へのトラックバック一覧です: Red Death (レッド・デス)  『PERMANENT EXILE (パーマメント・エグザイル)』:

« Malfunction (メルファンクション)  『Fear of Failure (フィアー・オブ・フェルリア)』 | トップページ | Forced Order(フォースド・オーダー)  『Eternal War(エターナル・ウォーEP)』 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク