プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« Forced Order(フォースド・オーダー)  『Vanished Crusade(ヴァネッシュド・クルセイド)』 | トップページ | Julia(ジュリア) »

2016/02/10

Beyond(ビヨンド) 『Dew It/Live Crucial Chaos Wnyu(デュー・イット!-ライブ・クーシャル・ケイオスWNYU )』

Dew It / Live Crucial Chaos Wnyu [Analog]Dew It / Live Crucial Chaos Wnyu [Analog]
Beyond

Revelation 2015-10-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ニューヨーク・ハードコア界では知る人ぞ知るまぼろしな存在であったビヨンド。88年から89年にかけてわずか1年間しか活動しなかったバンドで、ユースクルー・シーンの先駆者にあたる。のちにメンバーは、BOLD、インサイド・アウト、クイックサンド、BURN、シェルター、108などといった、名だたるニューヨーク・ハードコアバンドで活躍したことでも知られている。

 28年の月日を経て発表された今作は、ヴァイナル盤のみの発表で、88年にリリースされたデモ・テープ『Dew it』から8曲と、アメリカのラジオ局WNYUでの、ハードコアパンクラジオショウ"Crucial chaos"でのラジオライヴセッション14曲を加えた、計21曲がアルバムに収録されている。そこに20ページのブックレットを添付した内容。1年という短命な活動のバンドであったが、活動のすべてが今作に網羅されている。

 今作だが、初期衝動という気迫と熱意に満ち、演奏力よりも勢いだけで突き抜ける荒々しい演奏だ。肝心のサウンドだが、ハードコアの黎明期に活動したバンドだけあって、ゴリゴリのハードコア、という音ではない。要所要所に初期パンクっぽいメロディーパートを導入した、ハードコアの原型といえるサウンドだ。

 スローテンポじっくり聞かせるボーカルが、いきなりなだれが襲ってきたかのように変化するノイズギターの洪水とばたばたと躁病的に叩くドラムが特徴の曲や、わずか46秒で終わるファストな曲、あとにユースクルーシーンの特徴となったストップ&ゴーの変則的なリズムや、クリシュリナ教を取り入れた高音ギターのギターメロディーといったサウンドスタイルは、このバンドが先駆けといえるだろう。

 性急なスピードと2,3コードという大まかなパンク・ハードコアのサウンド・スタイルこそ遵守しているが、ハードコアというサウンドが確立される前の、いろんなことにチェレンジした実験的なサウンドでもあるのだ。その後メンバーたちがシャルターやクイックサンドといったバンドで活躍し、ここで演ったサウンドをブラッシュ・アップさせ、自分たちのバンドの個性を確立し、ユースクルー・シーンの代名詞といえるサウンドを確立した。ここにはまさにユースクールの原型があるのだ。ニューヨーク・ハードコアのユースクルーの歴史を知るうえでは重要な作品だ。

« Forced Order(フォースド・オーダー)  『Vanished Crusade(ヴァネッシュド・クルセイド)』 | トップページ | Julia(ジュリア) »

B」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/63189214

この記事へのトラックバック一覧です: Beyond(ビヨンド) 『Dew It/Live Crucial Chaos Wnyu(デュー・イット!-ライブ・クーシャル・ケイオスWNYU )』:

« Forced Order(フォースド・オーダー)  『Vanished Crusade(ヴァネッシュド・クルセイド)』 | トップページ | Julia(ジュリア) »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク