プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« ignite(イグネイト) 『A War Against You(ア・ウォー・アゲインスト・ユー)』  | トップページ | Pg. 99 (ページ・ナインティーナイン)    Document #8 (ドキュメント No8) »

2016/03/16

Disgrace(ディスグレイス)   『True Enemy (トゥルー・エネミー)』

True EnemyTrue Enemy
Disgrace

Closed Casket Activi 2015-04-12
売り上げランキング : 400134

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


現TWITCHING TONGUES(トイッチング・タングス)のタイラー・ヤングがボーカルを務め、Forced Order(フォースド・オーダー)のケイル・トーマスがギターを担当し、カルフォルニア州オレンジカウンティーで結成されたのハードコア・バンドの15年に発表されたデビュー作。正直、ここまでいろいろなバンドを掛け持ちしていると、どれが本命のプロジェクトなのか分からないが、どのバンドも違ったサウンドのハードコアを展開している。

このバンドで演奏されているのは、ニュースクール・ハードコアの発展形サウンド。90年代に日本で極悪ハードコアと呼ばれたマローダーやオール・アウト・ウォー、コウルド・アズ・ライフなどのサウンドを進化させた。ジャンル的にはニュースクール・ハードコアをもっとメタルよりに進化させた、デスコアとでも呼ぶべきサウンドだ

その進化とは、いろいろなテクニックを盛り込んでいる。地獄のうめきのような声とモーターヘッドのようなバーボンが似合う猥雑でハスキーな歌声を使い分けるボーカル、ニュースクール・ハードコア特有の重く金属質なギターのリフを中心としながらも、ループするギターのリフや、警告音のように鳴る高音ギターなど、いろいろな要素を取り入れているギター、そして終始グルーヴに主眼を置いたスローテンポながらも、ブラストビートから、4ビートまでいろいろなリズムを刻むドラム。緊張感やタイトさ切迫した感情こそないが、テクニックに重点を置くことによって、進化したニュースクール・ハードコアを展開しているのだ。それがこのバンドの個性といえるだろう。

ヘビーロック、ハードコアというこだわりを持ちながらも、マストドンの影響が強く邪教崇拝のトイッチング・タング、オールドスクール・ハードコアの影響が強くスピーディーなサウンドのフォースド・オーダー、そしてニュースクール・ハードコアの影響が強くグルーヴィーでテクニックに重点を置いたDisgrace(ディスグレイス)と、3者3様にネクストレベルのハードコアを追求し、異なるサウンドを展開しているのだ。

どのバンドも遊び感覚ではなく、微妙に異なる一つのジャンルにこだわりを持って演奏している。だからどのバンドも本命といえるのではないか。またこの作品も、新しい形のニュースクール・ハードコアが提示されていてすばらしい。


« ignite(イグネイト) 『A War Against You(ア・ウォー・アゲインスト・ユー)』  | トップページ | Pg. 99 (ページ・ナインティーナイン)    Document #8 (ドキュメント No8) »

D」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/63353253

この記事へのトラックバック一覧です: Disgrace(ディスグレイス)   『True Enemy (トゥルー・エネミー)』:

« ignite(イグネイト) 『A War Against You(ア・ウォー・アゲインスト・ユー)』  | トップページ | Pg. 99 (ページ・ナインティーナイン)    Document #8 (ドキュメント No8) »

スポンサードリンク


最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポンサードリンク