プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« Julia(ジュリア) | トップページ | Disgrace(ディスグレイス)   『True Enemy (トゥルー・エネミー)』 »

2016/03/07

ignite(イグネイト) 『A War Against You(ア・ウォー・アゲインスト・ユー)』 

A War Against YouA War Against You
Ignite

Century Media 2016-01-07
売り上げランキング : 66753

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 じつに10年ぶりとなるオレンジカウンティー出身のメロディック・ハードコア・バンドの5作目。今作もまたブレない信念のもと、メロディックなハードコアを展開している。

 彼らのサウンドとはアメリカンなオルドスクール・ハードコアをベースに、メロディックなギターとボーカルを加えたライフタイム系のメロディック・ハードコア。初期のころかハードコアにメロディーラインを取り入れていたが、とくに分岐点となった作品は『アワ・ダーキスト・デイズ』。以降はメロディーラインを強調し、よりメロディックな方向に深化をしてきた。その流れは今作でも変わらない。彼らの個性のひとつでもあるメロディーラインの強い熱い歌声のボーカルは今作も健在。今作の変化を挙げるのなら、メロディーラインの強いコーラス、愁いを帯びたギターメロディーなど。曲調もライズ・アゲンイストやモトリー・クルーから影響を受けた曲が増え、メロディック化がさらに進んでいる。メロディックに深化することによって、さらに円熟味が増しているのだ。

 そしてなりより彼らの最大の魅力であり、初期のころから一貫してブレないのがその信念。絶望から這い上がっていく闘争心に満ちた熱い内容の歌詞、環境保全やヴィーガン思想を掲げる政治的な姿勢など、まさに直球ともいえるパンクな内容といえる歌詞は今作でも全く変わっていない。

 今作では戦いがテーマになっている。“ビギン・アゲイン”では挫折から再び立ち上がっていく熱い気持ちを歌い、“ディス・イズ・ア・ウォー”では、富裕層の金儲けのために行われる戦争への批判をし、“ナッシング・キャン・ストップ・ミー”では脳腫瘍にかかった友達のことを歌っている。挫けそうな弱い自分との闘いや、病気との闘い、1%の富裕層だけを優遇する政治との戦い、あらゆる戦いの形がテーマになっているのだ。

 それにしても熱い。その熱さとは、どんなに打ちのめされても、たとえいまがもっとも最悪な状況でも、立ち上がっていく姿勢。アルバム全体、そんな熱気でみなぎっているのだ。今作でもその変わらない熱意が魅力なのだ。今作もその熱気がすがすがしいほど好感を持てるいい作品なのだ。

« Julia(ジュリア) | トップページ | Disgrace(ディスグレイス)   『True Enemy (トゥルー・エネミー)』 »

I」カテゴリの記事

メロディックパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/63310086

この記事へのトラックバック一覧です: ignite(イグネイト) 『A War Against You(ア・ウォー・アゲインスト・ユー)』 :

« Julia(ジュリア) | トップページ | Disgrace(ディスグレイス)   『True Enemy (トゥルー・エネミー)』 »

スポンサードリンク


最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポンサードリンク