プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« seven sisters of sleep(セブン・シスターズ・オブ・スリープ) 『Ezekiel's Hags (エゼキエル・ヘッグ)』 | トップページ | BURN(バーン) 『​From the Ashes (フロム・ザ・アッシュズ)』 »

2016/10/20

A Day To Remember(ア・デイ・トゥ・リメンバー)  『Bad Vibrations(バッド・バイブレーション)』

バッド・バイブレーションバッド・バイブレーション
ア・デイ・トゥ・リメンバー

ワーナーミュージック・ジャパン 2016-09-01
売り上げランキング : 20350

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

16年発表の6作目。彼らについて散々書いてきた。くどいようだがもう一度説明しておく。彼らの個性とは、メタルコアのポップ・パンク化にある。05年当時、メタルコアをポップ化するというアイデアのバンドは、誰もいなかった。激しくヘヴィーで不快なデスメタルに、感情のひだを震わせるメロディックな要素を加えることによって、スカッと爽快に、憎悪から発散に変化させ、彼らならではの個性を確立することに成功した。それが『ホームシック』いうアルバムが50万枚売れた理由なのだ。

6作目となる今作だが、カラッと明るいサウンドだった前作と比べると、ダークで内省的な仕上がっている。エモっぽい曲など、新しいことにチャレンジしている曲もあるが、総じていうなら前々作、『ホームシック』の世界観を、さらに掘り下げた作品といえるだろう。彼らの作品のテーマの一つといえる疎外感や内省、心の闇を描いたアルバムジャケットも復活している。

アメリカでは『ホームシック』以来の快作と評価されている。その理由は暗く陰りのあるメロディーが復活したらだ。その憂いと切なさを含んだロディーからは、湖畔で黄昏ているような美しさがある。そしてメタルコアナンバーのデス声ボーカルからは、内面の憤りの叫びのように感じる。すべてが外向けの発散ではなく、シリアスで内向きなのだ。まるで人間の陰の部分にスポットを当てているかのようだ。ひさびさに彼ららしさが戻ってきた作品だ。


« seven sisters of sleep(セブン・シスターズ・オブ・スリープ) 『Ezekiel's Hags (エゼキエル・ヘッグ)』 | トップページ | BURN(バーン) 『​From the Ashes (フロム・ザ・アッシュズ)』 »

A」カテゴリの記事

メタルコア」カテゴリの記事

メロディックパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/64372766

この記事へのトラックバック一覧です: A Day To Remember(ア・デイ・トゥ・リメンバー)  『Bad Vibrations(バッド・バイブレーション)』:

« seven sisters of sleep(セブン・シスターズ・オブ・スリープ) 『Ezekiel's Hags (エゼキエル・ヘッグ)』 | トップページ | BURN(バーン) 『​From the Ashes (フロム・ザ・アッシュズ)』 »

スポンサードリンク


最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポンサードリンク