プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« WARZONE(ウォーゾーン) 『Don't Forget the Struggle, Don't Forget the Streets(ドンド・フォーゲット・ザ・ストラグル、ドンド・フォーゲット・ザ・ストリート)』 | トップページ | 『The Emo Apocalypse (ザ・エモ・アポーカレス)』 »

2017/01/10

Incendiary(インセンダイアリー) 『Crusade(クルセイド)』

Crusade [Analog]Crusade [Analog]
Incendiary

Closed Casket 2016-10-27
売り上げランキング : 1923616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ニューヨークはロングアイランド出身のニュースクール系ハードコア・バンドの09年に発表されたデビュー作。廃盤になっていたデビュー作が、今回、ヴァイナル盤にて再発された。

彼らのサウンド・スタイルとは、初期SNAPCASE(スナップケース)のニュースクール・ハードコアを、シンプルに熱くアグレッシヴに解釈したスタイル。彼らもまたニューヨーク・ハードコアの伝統を受け継ぐバンドのひとつなのだ。

スナップケースからの影響が強い甲高い声のボーカルを中心に、重くメタリックなギター、Oiコーラス、性急なスピードのドラムと、ときおりグルーヴィーなミディアムテンポを加えながら、怒りがオーバードライブしていく。ボーカルの素の声で、複雑な展開はなくいたってシンプルなハードコアな分、怒りや気合がダイレクトに伝わってくる。

その彼らの特徴とはギターの音にある。金属質な重さの中に電気系統がショートした音が余韻を残す独特な音なのだ。それが彼らならではの一番の特徴だ。この金属質でずっしり重いハードコアは、現在のニュースクール・ハードコアの最先端を行くサウンドだ。

« WARZONE(ウォーゾーン) 『Don't Forget the Struggle, Don't Forget the Streets(ドンド・フォーゲット・ザ・ストラグル、ドンド・フォーゲット・ザ・ストリート)』 | トップページ | 『The Emo Apocalypse (ザ・エモ・アポーカレス)』 »

I」カテゴリの記事

ニュースクール・ハードコア」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/64744086

この記事へのトラックバック一覧です: Incendiary(インセンダイアリー) 『Crusade(クルセイド)』:

« WARZONE(ウォーゾーン) 『Don't Forget the Struggle, Don't Forget the Streets(ドンド・フォーゲット・ザ・ストラグル、ドンド・フォーゲット・ザ・ストリート)』 | トップページ | 『The Emo Apocalypse (ザ・エモ・アポーカレス)』 »

スポンサードリンク


最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポンサードリンク