プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« 『The Emo Apocalypse (ザ・エモ・アポーカレス)』 | トップページ | BEYOND (ビヨンド) 『NO LONGER AT EASE (ノー・ロンガー・アット・イーズ )』 »

2017/01/25

NYC Headhunters(ニューヨーク・シティー・ヘッドハンターズ) 『The Rage Of The City 7''(ザ・レイジ・オブ・ザ・シティー)』

A1791692627_16


16年発表の2作目のEP。NYC Headhunters(ニューヨーク・シティー・ヘッドハンターズ)というバンド名だが、実際はボストン出身のバンドらしい。このバンド名の意味を勘ぐるのなら、ボストンのいい人材をニューヨークに引き抜かれるという皮肉に満ちた意味が込められているようにも思える。だが実際のところ、そのバンド名の意味は分からない。

その彼らのサウンドとは、G.B.Hのシンプルで骨太のギターサウンドをベースにしたハードコア。そこにSLAPSHOT(スラップ・ショット)などの畳みかける勢いのドラムを加えた。シンプルなUKハードコアに、ボストン・コアのエッセンスを加えたサウンドなのだ。

だからなのか、ここにはニューヨーク・ハードコアのようなギャングの匂いがするシリアスさがまったくない。あるのは激しく踊り汗をかくような熱血漢。お互いに火花を散らしあいながらも、憎しみを感じない、どこかフェアー態度で挑んでいるスポーツマンシップのような健やかさがある。男くさく荒々しいサウンドのなかに感じる熱血さや正々堂々とした態度が、このバンドの魅力といえるだろう。

ボストンといえば、突発的な進化を遂げたバンドが多いが、彼らはボストン・ハードコアの正当な路線を引き継いでいる。ボストンのなかでは稀有な存在といえるかもしれない。ともあれ熱い気持ちにさせてくれる作品だ。

こちらから購入可能

« 『The Emo Apocalypse (ザ・エモ・アポーカレス)』 | トップページ | BEYOND (ビヨンド) 『NO LONGER AT EASE (ノー・ロンガー・アット・イーズ )』 »

H」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/64805892

この記事へのトラックバック一覧です: NYC Headhunters(ニューヨーク・シティー・ヘッドハンターズ) 『The Rage Of The City 7''(ザ・レイジ・オブ・ザ・シティー)』:

« 『The Emo Apocalypse (ザ・エモ・アポーカレス)』 | トップページ | BEYOND (ビヨンド) 『NO LONGER AT EASE (ノー・ロンガー・アット・イーズ )』 »

スポンサードリンク


最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポンサードリンク