プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017/04/30

Power Trip(パワー・トリップ) 『 Nightmare Logic(ナイトメア・ロジック) 』

NIGHTMARE LOGIC (ナイトメア・ロジック)NIGHTMARE LOGIC (ナイトメア・ロジック)
POWER TRIP (パワー・トリップ)

Daymare Recordings 2017-02-21
売り上げランキング : 176165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テキサス出身のクロスオーバー・ハードコアバンドの17年に発表された2作目。このバンドもIRON REAGAN(アイアン・レーガン)と同じく、スラッシュメタルと、オールドスクール・ハードコアをクロスオーバーさせている。

同じクロスオーバーでも、怒りに満ちたアイアン・リーガンのブチ切れたサウンドとは違い、正確な演奏力と、怒声でがなり立てる男くさい熱さが彼らの特徴だ。彼らのサウンドは、SLAYER(スレイヤー)などのスラッシュメタルから色濃く影響を受けており、そこにCro-Mags(クロマグス)などのスピーディーなニューヨーク・ハードコアが絡むサウンド。スラッシュメタルとハードコアの折衷率は7対3ぐらいで、ほぼスラッシュメタル寄り。だが怒声やOi、ボーカルの歌い方からは、まぎれもなくハードコアを色濃く感じる。

そして今作だが、前作よりもさらにスラッシュ・メタル度がパワーアップしている。ハードコア・バンドの作品とは、1作目で衝動や熱量を詰めた作品を作り、バンドとしてまとまり技術的に成長が見られた作目で技巧に走る作品を作るケースが多い。このバンドも同じ傾向にある。このバンドも前者のようなケースに見事はまっているが、だからと言ってこの作品がつまらないわけではない。むしろカッコいい。その理由は、メタルのギターフレーズのカッコ良さだけを集めた部分にある。ザクザク刻むギターのリフや、躁病的でスピーディーでテクニカルなギターメロディーのソロ、独特なギターフレーズを反復するギターの展開、そこにはNuclear assault(ニュークリア・アソルト)、Vio-lence(ヴァイオレンス)、Devastation (TX)(デヴァステーションTX)など、アンダーグランドで活躍しているマニアックなスラッシュ・メタル・バンドを聴いているのが理解できる。メロディーが高鳴り気持ちが高揚するギターの展開。そしてIron Maiden(アイアン・メイデン)のようにカッコいいギターフレーズ。自分の好きのものだけを寄せ集めたこのサウンドからは、まるで俺がカッコいいと思うものはカッコいいからと、訴えかけてくるような説得力がある。その姿勢にはある意味好意が持てる。スラッシュ・メタルのカッコいいリフが光る作品だ。

2017/04/07

VA / ILLITERATE

R171193013639093347815jpeg

 EBULLITION Recordsのオーナーであるケントが、ヨーロッパツアーを敢行したときに、発掘したヨーロッパのバンドたちを集め、収録した92年発売のコンピレーション。 EBULLITION Recordsといえば、当時アメリカではそんなに有名でなかった激情コア、ストレートエッヂ・ハードコアシーンというジャンルを積極的に紹介していたレーベル。アメリカで、ヨーロッパの激情コア、ストレートエッヂ・ハードコアのバンドたちを紹介しようと、企画されたのが、今回の作品。ここに収録されているバンドは、Finger Print, Kina, Gnezl Drei, Wounded Knee, Condense, Nothing Remains, Ivich, Voorhees, Ego Trip, Abolition, Blindfold, Married To A Murderer, and Hypocritical Societyといったバンドたち。

 VA (EBULLITION) XXX SOME IDEAS ARE POISONOUSは、どのバンドもストレート・エッヂに対する強烈な拘りと、個々の信念を持っていた。それと比べると、強烈な信念やオリジナルティーのあるサウンドを展開しているバンドたちは少ない。あくまでもケントが共演したバンドたちをアメリカで紹介するため、ラフの気持ちでコンピを制作している。

 ここで収録されているバンドたちは、Conflict (コンフリクト)系のノイジーなハードコアから、MINOR THREAT (マイナースレット)系のスピーディーなハードコア、Fugazi (フガジ)のようなエクスペリメンタルなサウンドのバンド、RITES OF SPRING (ライツ・オブ・スプリング)系のエモーショナル・ハードコア、ポップエモなど、それなりにストレート・エッヂなバンドから影響を受けているのが理解できる。やはりヨーロッパだけあって、本場のコンフリクトからの影響を感じるのがうれしい。

 ただVA (EBULLITION) XXX SOME IDEAS ARE POISONOUSに収録されているバンドたちのような、シリアスさはここでは感じない。おそらくこの時点ではまだ、ストレート・エッヂがヨーロッパで浸透していなかったからだろう。ストレート・エッヂとは、ベジタリアンの延長上にあるような軽さなのだ。

 だからと言って決して悪いコンピではない。ヨーロッパでは、この2、3年後、マザーアースやアニマル・トゥルースなどの、良質なストレート・エッヂ・コンピレーションが出てくる。ヨーロッパにストレート・エッヂの布石を打った、初めての作品なのだ。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

スポンサードリンク


最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポンサードリンク