プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« This Is Boston, Not L.A. (ディス・イズ・ボストン,ノット・L.A) | トップページ | TERROR(テラー) 『The Walls Will Fall(ザ・ウォールズ・ウィル・フォール)』 »

2017/05/24

Incendiary(インセンダイアリー) 『Thousand Mile Stare (サウザント・マイル・ステア)』

A0549723180_16

Thousand Mile StareThousand Mile Stare
Incendiary

Closed Casket Activities 2017-05-11
売り上げランキング : 667256

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ニューヨーク州ロングアイランド出身のニュースクール系ハードコア・バンド3作目。これが成長を感じさせるすばらしい作品に仕上がっている。前作までは、108, Visions Of Disorder(ヴィジョン・オブ・ディスオーダ)や Buried Alive(ベリッド・アライブ)などのスローテンポでグルーヴ感を意識したニュースクール系ハードコアからの影響が勝った。

今作では前作までのサウンド路線にプラスアルファを加え、自分たちのサウンド・スタイルを確立している。終始ゆったりとしたリズムで、変則的なリズムでザクザク刻むギターのリフ、グルーヴ感の強いドラムの、グルーヴ感を重視した展開こそ変わりはない。今作でとくに印象的なのが、怒りの言葉をヒップ・ホップのリズムに乗せまくし立てるボーカル。そこにはRage Against the Machine (レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)のような、虐げられたマイノリティーの怒りを感じる。

とくに怒りが顕著なのは1曲目の“Still Buming(いまだ燃えている)”の歌詞。ここではwe got to know some pain to show we’re still here~still beating、still burning(私たちはいくつかの痛みを知るようになった。私たちがまだここにいることを示す。~また殴られる。また燃える。)と、歌われている。その内容は、抗議デモで警官に殴られるような場面を想起させる。正当な権利を主張すれば、政府によって弾圧され暴力を振るわれる虐げられた者の悲惨さ。そんな弱者の怒りに満ちているのだ。

マッチョでギャングな不良の匂いがするバンドが多いニューヨーク・ハードコア・シーンでは、ポリティカルで闘争的なアティーテュードを持ったバンドは珍しい。だがこれほどの怒りや闘争心を持ったバンドもニューヨーク・シーンでは少ない。ぼくのフラストレーションを発散させ熱い気持ちを掻き立てるいい作品だ。

« This Is Boston, Not L.A. (ディス・イズ・ボストン,ノット・L.A) | トップページ | TERROR(テラー) 『The Walls Will Fall(ザ・ウォールズ・ウィル・フォール)』 »

I」カテゴリの記事

ニュースクール・ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/65320481

この記事へのトラックバック一覧です: Incendiary(インセンダイアリー) 『Thousand Mile Stare (サウザント・マイル・ステア)』:

« This Is Boston, Not L.A. (ディス・イズ・ボストン,ノット・L.A) | トップページ | TERROR(テラー) 『The Walls Will Fall(ザ・ウォールズ・ウィル・フォール)』 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク