プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« Armstrongs (アームストロングス)       『 If There Was Ever a Time(イフ・ゼア・ワズ・エヴァー・ア・タイム)』 | トップページ | Really Red (リアリー・レッド) 『Teaching You the Fear: the Com (ティーチング・ユー・ザ・フィア:ザ・カム) 』 »

2017/08/31

INTEGRITY (インテグリティ) 『 Howling, For The Nightmare Shall Consume (ハウイング,フォー・ザ・ナイトメア・シャル・コンセウム)』

HOWLING, FOR THE NIGHTHOWLING, FOR THE NIGHT
INTEGRITY

RELAP 2017-07-13
売り上げランキング : 25988

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アメリカ中部クリーブランド出身のハードコア・バンドの10作目となる作品。ハードコア界のなかでも彼らは特殊なアティテュードをもつバンドだ。暗黒デスメタリック・ハードコアとでも形容するべきか?悪魔崇拝やカルトなど、ダンテの新曲『地獄篇』のような世界観をもっている。そういった意味ではメタルよりのアティテュードを持ったバンドだが、サウンドはハードコア。典型的なメタルとハードコアの折衷スタイルだが、その折衷の具合が独特だ。オールドスクールなスピーディーなハードコアと怒声ボーカルを堅守しながらも、スラッシュメタルのリフからテクニカルなギターソロ、ドローン、ドゥーム、デスメタルにいたるまで、いろいろな要素を幅広く取り入れている。メタル側から見ればメタルと見えるし、ハードコア側からいえばハードコアといえる、モーターヘッドのような不思議な立ち位置にいるバンドなのだ。

今作では前作のテクニカルギター中心のサウンドをさらに突き詰め、より輪郭のはっきりとしたサウンドを展開している。それにしてもギターがすごい。鳴きまくっている。ギターメロディーの際立ったサウンドは、スラッシュメタルよりLAメタルからの影響を強く感じる。性急なスピードに怒声とブラストビートで駆け抜け、テクニカルなメロディーギターが絡むサウンドは、誰か演っていそうで誰も演っていなかった独特なサウンドを展開している。

それにしてもLAメタルのような暑苦しさはなく、むしろ冷たさを感じる。暗くひっそりとした魔界の沼地のような、背筋に恐怖を感じ、氷を引き詰められたような冷たさなのだ。LAメタルとオールドスクールなハードコアを折衷させたサウンドは、メタルコアでもクロスオーバーでもない新しい形のハードコアなのだ。

« Armstrongs (アームストロングス)       『 If There Was Ever a Time(イフ・ゼア・ワズ・エヴァー・ア・タイム)』 | トップページ | Really Red (リアリー・レッド) 『Teaching You the Fear: the Com (ティーチング・ユー・ザ・フィア:ザ・カム) 』 »

I」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/65731060

この記事へのトラックバック一覧です: INTEGRITY (インテグリティ) 『 Howling, For The Nightmare Shall Consume (ハウイング,フォー・ザ・ナイトメア・シャル・コンセウム)』:

« Armstrongs (アームストロングス)       『 If There Was Ever a Time(イフ・ゼア・ワズ・エヴァー・ア・タイム)』 | トップページ | Really Red (リアリー・レッド) 『Teaching You the Fear: the Com (ティーチング・ユー・ザ・フィア:ザ・カム) 』 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク