プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017/12/19

VA GIVE ME BACK COMPILATION (ゲット・ミー・バック・コンピレーション)

74664

08年に発表されたコンピレーションアルバム。発売元であるEBULLITION RECORDS(エボリューション・レコーズ)といえばオーナーであるケントがストレート・エッヂに対して尋常でないこだわりを持っていることで知られている。自らがヨーロッパまで足を運び、徹底した現場主義で選び抜かれたバンドのみコンピレーションアルバムに収録。ストレートエッヂに対する尋常でないこだわりをもったレーベルとして有名だ。

そのケントがコンピレーションアルバム第一弾として発表をしたのがこの作品。ここではストレートエッヂに対して、全く触れられていない。だがInternational P.E.A.C.E. Benefit Compilation(インターナショナル・ピース・ベネフィット・コンピレーション)やStone To Mark a Fire(ストーン・トゥ・マーク・ア・ファイヤ)などのハードコア界のコンピレーションアルバムに匹敵するほど、歴史的な価値を持つ名盤なのだ。

ここで取り上げているテーマは、ジェンダーフリーや同性愛者の権利、フェミニズム運動など。性差別を受けている者たちが、平凡な市民生活を送るため、権利獲得を目的とされたベネフィットコンピレーションアルバムなのだ。32ページにわたる小冊子には、ジェンダー問題に関する記事やエッセイが掲載されている。なお売り上げは、ゲイやレズビアンなどの団体と、コンドームなどの避妊薬や乳がんやHIV検査などを無料で行っている非営利団体『プランドペアレントフッド(Planned Parenthood)』、男性に暴力を振るわれた女性が緊急避難できるシェルターサービスの、3箇所に寄付されている。

ここで収録されているのは、BORN AGAINST(ボーン・アゲインスト)、DOWNCAST(ダウンキャスト)、STRUGGLE(ストラグル)、SPITBOY(スピット・ボーイ)、ECONOCHRIST(エコノクライスト)、Seein' Red(シーイン・レッド)、BIKINI KILL(ビキニ・キル)、END OF THE LINE(エンド・オブ・ザ・ライン)、Amenity(アメニティー)、Man Lifting Banner(マン・リフティング・バナー)といったバンドたち。エボリューション・レコーズのXXX SOME IDEAS ARE POISONOUS(XXX・サム・アイデアズ・アー・ポイズネス)やILLITERATE COMPILATION(リトルレイト・コンピレーション)などのコンピレーションアルバムとは違い、ボーン・アゲインストやビキニ・キルなど、有名なバンドたちが参加している。

Riot Grrrl(ライオットガール)というパンクバンドのフェミニズム運動の中心人物であったビキニ・キルは、ロカビリー調のパンクナンバーで、生きていくために援助交際をしている女性の心情を歌い、男女平等やジェンダーフリーを訴えつけているサンフランシスコの女性アナーコパンク・バンドのスピットボーイは、パーティーで男性に性的嫌がらせを受けたことについて歌っている。ニューヨークハードコアの裏番長といわれるボーン・アゲインストは、容姿だけですべて判断する美女コンテストを痛烈に批判し、LOCUST(ロカスト)やRETOX(リトックス)の中心メンバーでも知られるJustin Pearson(ジャスティン・)が在籍するサンディエゴのSTRUGGLEは、マッチョイムズの男性が女性よりも優れていると錯覚し、性的虐待や差別をすると歌っている。そしてレーベルオナーでありケント率いるダウンキャストは、ゲイやレズヒアンなどの同性愛は、自己表現のひとつであり、彼らの愛の形を否定すれば、自分たちが愛を知らない人間だと訴えている。どのバンドもジェンダーフリーに対する見解や感情論、主張も異なるが、性差別に対して解消する必要があるという部分では共通しているのだ。

当時、激情コアの始祖的な存在のバンドが収録され、音楽的にも最先端のバンドが収録されていた。ハードコアの定義のひとつに“行動を起こす”という信念がある。そういった意味では、まさしくハードコアらしいコンピであるし、ジャンダーフリーという価値観を提示した意味では、ものすごく価値のある作品なのだ。

2017/12/13

SECT (セクト)  『NO CURE FOR DEATH (ノー・キュア・フォー・デス)』

No Cure for DeathNo Cure for Death
Sect

Southern Lord 2017-11-23
売り上げランキング : 7745

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヴィーガン・ストレートエッヂ思想を掲げるハードコアバンドの2作目。あいかわらずブレることのない信念を貫き、尋常でない怒りに満ちた熱いサウンドを展開している。

今作でも前作同様のバリバリの轟音を立てるノイズ系ハードコアを踏襲している。だが前作よりも破壊力と激しさと強度が増し、よりパワーアップしている。基本的にはミディアムテンポのハードコアと、怒涛のブラストビートのドラムに、スピーディーでパワーヴァイオレンスな曲が交互に入れ替わる展開。それにしてもものすごいギターの音圧とノイズの嵐の轟音だ。そして怒りの言葉を吐き捨てる雷のような怒声に満ちたボーカル。スローテンポな曲では、怒りの言葉が鮮明に伝わるようじっくりと聴かせ、スピーディーな曲ではギターの音圧とノイズの津波が体全体に被いかぶってくるような圧倒的な音の迫力がある。

そこにあるのは尋常でない怒り。怒りの根源にあるのは、彼らのヴィーガン・ストレートエッヂ思想に対するこだわりのせいなのかもしれない。彼らの考えるストレートエッヂ思想とは、地域性や歴史、信仰する理由によって考え方がかなり異なるものだという。ポップでおおらかな部分もあるという。それに比べヴィーガンは、人間だけが利益になることを嫌い、生物全体の生命の尊厳が守られなければいけないものだと、彼らは考えている。そのためには行動に出ることも厭わないという。そんな生命の尊厳を守らない人間に対する怒りが、この作品には尋常でなくにじみ出ているのだ。その尋常でない怒りと津波のような爆音ノイズ。どれをとっても前作以上に素晴らしい作品だ。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク