プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018/03/26

TONNY RETTMAN(トニーレットマン著) 『STRAIGHT EDGE (ストレートエッジ)』

Straight Edge: A Clear-headed Hardcore Punk HistoryStraight Edge: A Clear-headed Hardcore Punk History
Tony Rettman

Bazillion Points 2017-11-14
売り上げランキング : 104936

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ニューヨーク・ハードコアやデトロイト・ハードコア『Why Be Something That Youre Not』の著者として知られるトニーレットマンが、17年に発表したストレート・エッジ・シーン全般を紹介した本。

アメリカン・ハードコアの細分化されたジャンルのひとつとして知られるストレート・エッジ。この本では37年に渡るストレートエッジの歴史を、当事者の発言を引用する形式で執筆している。当時のシーンの裏側や、知られることのなかったエピソードや、実際の話とは異なる事実など、くまなく紹介している。

まずストレート・エッジとは、「喫煙をしない」「麻薬をやらない」「アルコールを飲まない」「快楽目的のセックスをしない」という基本理念を柱に掲げたパンク・ハードコアの思想だ。その始まりはティーンアイドル、マイナースレットのボーカルであったイアン・マッケイの発言から始まる。

この本でチャプター分けされ紹介されている内容を説明していくと、

WASTED YOUTH…ヒッピー・カルチャーやTHE BEATLES(ビートルズ)やTHE DOORS (ドアーズ)、THE ROLLING STONES (ローリング・ストーンズ)などの、60年代のロックバンドを象徴する「セックス、ドラッグ、ロックンロール」の価値観を否定するためのアンチ・テーゼとして、ストレート・エッジ思想が生まれた。

D.C.: SNEAKERS…当時10代であったIan MacKaye(イアン・マッケイ)が結成したバンド、THE TEEN IDLES(ザ・ティーン・アイドルズ)が、未成年でもライヴハウスに入る方法として未成年の手の甲にマジックでバツ印(×)印を付けることを提案。以来、手の甲のバツ印は、反アルコールと反ドラッグのシンボルとなった。

MINOR THREAT : STRAIGHT EDGE…MINOR THREAT(マイナー・スレット)が81年に発表したEP。『MINOR THREAT』のなかの“Straight Edge (ストレート・エッジ)”と、同年発表のEP『In My Eyes』のなかの“Out Of Step (アウト・オブ・ステップ)”との2曲から、ストレートエッジに対する思想やアティテュードが生まれた。歌詞の内容を説明すると、“ Straight Edge”ではと歌い、“ Out of step”ではと歌った。この歌詞によって、ストレート・エッジ思想が確立された。

BOSTON : THE KIDS WILL HAVE SAY…ボストン・ストレートエッジ・シーンについて。イアン・マッケイが単独で歌っていた内容を、ボストンでSSDやDYSなど複数のバンドが共鳴し、シーンとして確立した。ボストンではDCと違い、酒やクスリをやっているバンドを、暴力で強制的に排除するなど武闘派も多く、激しく体を動かす体育会系のようなシーンだった。

7 SECONDS : COMMITTED FOR LIFE…初期ストレートエッジからユースクルー・シーンへの橋渡しをした7 SECONDS(7セコンズ)。
OUTHERN CALIFORNIA : IN CONTROL…西海岸のストレートエッジの創始者として知られるUNIFORM CHOICE (ユニフォーム・チョイス)。

YOUTH OF TODAY : TAKE A STAND! …ストレートエッジをアメリカ全土に広めるきっかけとなったYOUTH OF TODAY(ユース・オブ・トゥディ)。7セコンズやユニフォームチョイスなど、各地で細々と活動していたストレートエッジ・バンドに連帯感を促し、ユース・クルーと呼ばれることになるシーンでまとめ上げた。ポジティヴで健全なストレートエッジとして、新しいライフスタイルを提示した。

SLAPSHOT : BACK ON THE MAP…メタル化したボストン・ハードコアに、もう一度昔のストレートエッジ・ハードコアの活気を取り戻すため、元NEGATIVE FX(ネガティヴFX)のメンバーによって結成されたSLAPSHOT(スラップショット)。

BOLD : JOIN THE FIGHT…JOGCORE(運動部コア)といわれたBOLD(ボールド)。友情、団結をテーマに、弱い自分をみつめ、勇気を振り絞り行動していくスタイルを提示。

YOUTH CREW STYLE : MORE THAN FASHION…ユース・クルーのファッションについて。

ORANGE COUNTY : WE’LL MAKE THE DIFFRENCE…オレンジカウンティ周辺の、ドギースタイルと呼ばれたストレートエッジのバンドたち。INSTEAD(インステッド)を筆頭に、ベジタリアンだったRAGE AGAINST THE MACHINE (レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)のZack de la Rocha (ザック・デ・ロチャ)が在籍していたバンドINSIDEOUT(インサイド・アウト)。なかでもCHAIN OF STRENGTH(チェイン・オブ・ストレングス)は、カリスマ性に富み、ストレートエッジ・アンセムのひとつとして数えられている“Ture Till Death(死ぬまで事実)”という曲を発表。

JUDGE : FED UP!…ドラッグによって崩壊した家庭に育ったJUDGE(ジャッジ)。心からドラッグを憎み、闘争的なアティテュードを持っていた。ポジティヴで健全だったストレートエッジ・シーンを暴力化し、全体主義化していった。

VEGETARIANISM : NO MORE…ユース・オブ・トゥディのRay Cappo (レイ・キャポ)がクリシュリナ教に改宗したことや、イアン・マッケイがベジタリアンであったこともあって、ストレート・エッジに菜食主義的な考えが加わった。ベジタリアンに辟易してストレート・エッジを辞めていく人もいた。

NO ONE CAN BE THAT DUMB : THE U.K.&EUROPE…オランダ出身でヨーロッパ初のストレート・エッジ・バンド、Larmについて。

HARDLINE : THE WAY IT IS…HARDLINE(ハードライン)というコミュニティーを作り、ストレートエッジをヴィーガン・ストレート・エッジにストイックに推し進めたVEGAN REICH(ヴィーガン・リッチ)とRAID(レイド)。

DESPERATE STATE : UMEA STRAIGHT EDGE…REFUSED(リフューズド)を中心としたスウェーデンのストレート・エッジ・シーン。

EARTH CRISIS : A FIRESTORM TO PURIFY…ヴィーガン・ストレートエッジ思想を全世界に普及させたEARTH CRISIS(アースクライシス)。メタルエッジのサウンドに、ヴィーガン・ストレートエッジ思想を載せたサウンドは画期的だった。アニマルライツ(動物権利)の歌詞と、コンピレーションの売り上げをシーシェパードなどに支援するなど、具体的に行動に出るバンドでも有名だった。

SALT LAKE CITY:IDENTITY CRISIS…97年にユタ州ソルトレークシティーでストレート・エッジを名乗る集団が酒屋やドラッグストアなどを襲撃した事件。日本で例えるならチーマーのような暴力行為を行う存在として、ストレートエッジがアメリカ全土に認識された。

YOUTH CREW REVIVAL : DO YOU REMEMBER HARDCORE ? …IN MY EYES(イン・マイ・アイズ)やBANE(ベイン)、TEN YARD FIGHT(テン・ヤード・ファイト)などのボストンのバンドたちによるユースクルー・リバイバル。80年代のユースクルー・サウンドをベースに90年代風にブラッシュアップさせたサウンドを提示。

EAST COAST 2000 : THE UNBREAKABLE… THE FIRST STEP(ザ・ファースト・ステップ)やDOWN TO NOTHING(ダウン・トゥ・ナッシング)、HAVE HEART(ハヴ・ハード)など、新世代のバンドたちによるユース・クルー・リバイバル。前者とは違い、メロディックな要素を加え、家族のきずなや友情を歌った健やかで健全なストレートエッジ。メジャーリーガーのピッチャーであるChristopher John Wilson(CJウィルソン)が、ストレートエッジであることを表明。プロレスラーのCMパンクもストレートエッジ・ソサエティーを作った。アンダーグランドなものであったストレートエッジが、一躍メインストリーム化した。

THE VALUE’S HERE : ASIA AND THE WORLD’S EDGE…日本と韓国のストレートエッジ・バンドについて。

BACK TO DC : BUILDING TOMORROW…約30年ぶりにワシントンDCで誕生したストレートエッジ・バンド、MINDSET(マインドセット)について。D.I.Yでベジタリアン。自分たちでツアーをブッキングし、Tシャツを作り、フェアトレードを無視し、庶民から搾取する大企業の靴は履かないという姿勢を貫いている。

と、以上のようにストレート・エッジ史の重大な出来事は、ほとんどすべて網羅している。イアン・マッケイの何気ない一言で始まったストレートエッジも、ベジタリアンから、アニマルライツ、天然由来の穀物しか食べないヴィーガンまでと、30年という時間を経るなかで、時には過激に、拡大解釈が進んだ。とくにソルトレークシティーでの事件は、正しいと信じて行動したものが、社会的な悪へと転換する格好の事例だったし、シーシェパードのような拳銃で発砲し船を沈没させる行為は、もはやテロとかわらないだろう。何にしても行き過ぎはよくないのだ。

いままで個人的にストレートエッジを遵守するひとは、長生きをするための健康志向なのか、それとも不良のすることを嫌う真面目な人間という捉えかたをしていた。だがこの本で酒やドラッグのせいで家族が崩壊し、心の底から酒とドラッグを憎んでいるストレート・エッジバンドもいる事実を知り、あらためて日本とは違うアメリカ社会の闇を考えさせられた。ユースクルーという一過性のムーブメントが過ぎ去り、ストレートエッジを辞めていくバンドが意外にも多いことや、酒やクスリまで手を出すニセ・エッジ・バンドもいることにびっくりさせられた。定義がはっきりしている思想だけに、その考えを10年、20年のその遵守するのは困難だといえるだろう。それほど人は弱い生き物なのだ。

個人的にこの本で一番面白かった部分は、日本であまり知られていないバンドでも、それぞれに異なるバックボーンや物語を持っているということ。その背景やバンドでなにを伝えたいのか、どんなサウンドを表現したいのかなどの細かいディティールを知ることによって、いままでとは違った音楽のように聴こえる。そのへんが○○に影響を受けてバンドを始め、二番煎じ、フォロアー的な意味合いが多かったメロディック・パンクやエモなどのシーンとの違いなのだ。

ストレート・エッジとは精神性を主とする考えなので、サウンド的な特徴が捉えづらいシーンでもある。だが映画『ザ・コープ』やシーシェパード、ベジタリアンなど、日本人に対して間接的ではあるが、広く知られている思想も珍しいといえるだろう。個人的にはEbullition Records(エボリューション・レコーズ)について、もっと紹介して欲しかったことが不満だが、ストレートエッジのいろいろな部分が知れ、個人的に楽しめた。ものすごく価値のある本なのだ。

2018/03/16

Dashboard Confessional (ダッシュボード・コンフェッショナル)  『Crooked Shadows (クロケット・シャドウズ)』

Crooked ShadowsCrooked Shadows
Dashboard Confessional

Fueled By Ramen 2018-02-08
売り上げランキング : 97467

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


じつに9年ぶりとなる作品。このアルバムを語る前に、まずはChris Carrabba (クリス・ギャラハー)の活動から振り返りたい。09年に発表したアコースティックギター1本でシンプルに語り弾きをしたアルバム『Alter the Ending(アルター・ザ・エンディング)』を最後に、Dashboard Confessional(ダッシュボード・コンフェッショナル)の活動を休止した。10年10月にはデビュー作である『The Swiss Army Romance(ザ・スイス・アーミー・ロマンス)』のデラックス・バージョンの発表。『ザ・スイス・アーミー・ロマンス』の曲を完全再現したソロライヴを行った。同じく10年に、クリス・ギャラハーが初めて結成したハードコア・バンド、FURTHER SEEMS FOREVER (ファーザ・シームズ・フォーエバー)を再結成。12年に『Penny Black(ペニー・ブラック)』を発表。そして11年には、REMやArchers of Loaf(アーチャー・オブ・ローフ)やJohn Prine(ジョン・プランイン)などの往年のアーティストからマニアックなインディーロックアーティストまでをカヴァーしたクリス・ギャラハー名義のソロ活動を展開。11年からカントリーやフォークなどのルーツ・ミュージックを追求したTwin Forks(ツイン・フォークス)を結成。13年にEP、14年にLPを発表した。

ダッシュボード・コンフェッショナルの活動を休止し、色々な活動を展開していた理由には、おそらく様々な角度から音楽を見つめ直す必要があったのだろう。『ザ・スイス・アーミー・ロマンス』の再現ライヴでは、ダッシュボードコンフェッショナルを始めたころの痛々しい感情を思い出し、ファーザ・シームズ・フォーエバーの再結成では、バンドを始めたころの立ち向かっていく気迫などを取り戻した。そしてソロ活動では好きな曲をカヴァ―することによって、自分が音楽を好きになった理由を再認識した。ツインフォークでは、自らの魅力である透明でパッショナブルな美声を最大限に引き出し、まどろみや穏やかな幸せなど多幸感を表現してきた。ミュージシャンを続けていくために色々な感情を知る必要があったのだ。

とくに音楽の幅を広げたツイン・フォークでの活動は、肩の力を抜いた、いままでと真逆のスタイルで、自らの美声の生かし方を学び、多彩な感情を表現した。自らの可能性を最大限にまで広げたという意味では貴重な体験だったのだろう。その作品も素晴らしく、ミュージシャンとして円熟期を迎えているように思えた。

だがまたダッシュボード・コンフェッショナルの活動に戻ってきた。今回、復活した理由は、もう一度、エモいと呼ばれる熱い感情を取り戻したかったからだろう。クリス・ギャラハーはBillboardでのインタビューで、「これを言うのをあまり良くないが、ぼくはむかし自分が作ったアルバムのほうが好きだと認め始めたんだ。その理由も分かっている。他のミュージシャンを見ていると、アルバムを発表するたびに新しい音楽を取り入れ、モチベーションを維持している。時が経つにつれ、音楽へのこだわりは重要視されるが、歌詞の内容は希薄になっていく。人から聞いた話のひとつが歌詞は重要じゃないってことだった。ぼくはそう思わない。彼らの考え方は正しいのかもしれないけど、だからこそぼくは歌詞を重要視したい。新作はぼくにとって初期3枚くらいのころにすごく似た作品になるよ」。と語っていた。

そもそもダッシュボード・コンフェッショナルのバンド名は、“The Sharp Hint of New Tears(シャープ・ヒント・オブ・ニュー・ティアーズ)”という曲から生まれたもの。一人運転する車の中で、彼の告白を聞いたダッシュボート(車の精密機器)から、 "Dashboard Confessional"というネーミングを思い浮かんだという。そこでは失恋で感じる心が引き裂かれるような思いや、傷つけられたことによる恥辱など、生々しい経験が語られていた。倒れそうになりながらも歯を食いしばって前へ進んでいくエモい姿が魅力のアーティストであった。

そして9年ぶりとなる今作も今までのアルバム同様、熱い作品に仕上がっている。だが初期3作にあったような、心の痛みや裏切りといった悲しみに彩られた感情はそこにはない。『曲がった影』と名付けられた今作では、逃げることのできない影のようについて周る自分の人生の闘いについて歌っている。“We Are Fight(ウィー・アー・ファイト)”は自分の道を切り開く決意や人生との闘いを歌い、“About Us(アバウト・アス)”では恋の激しく燃える炎について歌っている。“Heart Beat Here”(ハート・ビート・ヒア)では、痛みや悲しみを乗り越え成長した現在の姿について歌っている。挫折や苦難という痛い経験を乗り越えてこそ、人間は成長ができる。そんな内容がテーマなのだろう。

苦難を乗り越えるという意味での熱さは健在だが、だからといってけっして過去の焼き直しになっているわけではない。前作はキーボードのキラキラメロディーをちりばめたビューティフルなギターロックが中心に、清流のような透明さと熱さのバランスの取れたサウンドだった。今作では、アコースティックギターのエモーショナルな語り引きも健在ながらも、The1975のようなインディーポップから、キャッシュ・キャッシュのようなディスコエモなどの、トレントを取り入れている。過去の魅力を保持しながらも新しい要素を加えている。

ギャラハー自身、若いころの気持ちを取り戻そうと躍起になっているというレビューもある。だが個人的にはけっしてノスタルジーになっていないと思う。なぜなら過去の傷口を掘り返し、思い出にすがるような内容ではないからだ。現在の心境を赤裸々に綴った歌詞には、リアリティーがあり、真実の声が伝わってくる。正直に言って、“Hands down(ハンズ・ダウン)”や“SCREAMING INFIDELITIES(スクリーミング・インフィデリティ―ス)”などの過去の名曲を超える曲は今作にはない。だがそれらの曲と比べて遜色がないほどクオリティーの高い作品に仕上がっている。ダサいと思われようと前へ進んでいく泥臭い熱血漢。いまだに彼がエモレジェントとして呼ばれている理由なのだ。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク