プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« World of Difference (ワールド・オブ・ディファレンス)  『DEMO』 | トップページ | Trail of Lies(トレイル・オブ・ライズ) 『WAR(ウォー)』 »

2018/04/29

T.O.S 『DEMO』

Cover


ニューヨークはロングアイランド出身のハードコアバンドの4曲入りのデビューデモ作品。近年ハードコア界では、FORCEDORDER(フォースオーダー)やPOWERTRIP(パワートリップ)などのバンドに代表されるように、スラッシュメタルとオールドスクールなハードコアをクロスオーバーさせたサウンドが、一部トレンドになっている。

彼らもそのシーンの一翼を担うバンドだが、ほかのクロスオーバーバンドとの決定的な違いは、S.O.Bなどの日本のハードコアに色濃い影響と、ロングアイランド特有の雰囲気を保有した部分にある。骨太でメタルのようなメロディーラインのあるギターサウンド。叫びとハイトーンの中間にある咆哮ボーカル。

そのロングアイランド特有の雰囲気とは、“自分に屈する”や“殺すために行く”、“あなたは何も感じない”“魂を取る”など、シンプルな単語で簡潔な歌詞に代表される、パラノイアックな世界のことだろう。偏執的でムンクのような芸術性。それがこのバンドの個性といえるだろう。ちなみにバンド名であるT.O.SとはTaking Of Soul(魂を取る)という意味だ。

こちらからダウンロード可能

« World of Difference (ワールド・オブ・ディファレンス)  『DEMO』 | トップページ | Trail of Lies(トレイル・オブ・ライズ) 『WAR(ウォー)』 »

T」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/66661452

この記事へのトラックバック一覧です: T.O.S 『DEMO』:

« World of Difference (ワールド・オブ・ディファレンス)  『DEMO』 | トップページ | Trail of Lies(トレイル・オブ・ライズ) 『WAR(ウォー)』 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク