プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« Trail of Lies(トレイル・オブ・ライズ) 『WAR(ウォー)』 | トップページ | The Lion's Cage(ザ・ライオンズ・ケージ)  『Raw 2017(ロウ2017)』 »

2018/05/19

The Fight (ザ・ファイト) 『U.H.T.R.N.H.T.B! Promo』

Cover

ニューヨークはロングアイランド出身のハードコア・バンドの2作目となるEP。最近のニューヨークでは珍しいスタイルのバンドで、ギャングのような不良性が多いニューヨーク・ハードコアのなか、知的でユニークで異端な存在感を放っている。

そのサウンド、80年代のUKハードコアから影響に、SHEER TERROR(シアー・テラー)のニューヨークの伝統を合わせたサウンドを展開。ノイジーなギターからは、Chaos UK (カオスUK)やDischarge (ディスチャージ)からの影響を感じ、2コードでハイスピードにゴリゴリ押していくサウンドと地獄の怨霊のようなボーカルからはシアー・テラーの影響を色濃く感じる。

ぼくがユニークに感じる理由は、そのアティテュードにある。前作ではトランプ政権への批判や反キリスト、反体制的な内容が占められていた。まさにREAGAN YOUTH(レーガン・ユース)以来の皮肉と怒りに満ちたアナーコパンクだった。

今作では環境汚染と健康被害にスポットを当てている。スモッグなどの大気汚染が病を侵し、入院すれば高額医療費を取る。まさにジョージ・オーウェルの小説のような、金持ちや支配者層のためだけに、庶民が飼いならされ、搾取されことへの怒りがそこにはある。UK初期ハードコアのようにシンプルでなつかしさが際立つ作品だ。

こちらからダウンロード可能

« Trail of Lies(トレイル・オブ・ライズ) 『WAR(ウォー)』 | トップページ | The Lion's Cage(ザ・ライオンズ・ケージ)  『Raw 2017(ロウ2017)』 »

F」カテゴリの記事

T」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/66734571

この記事へのトラックバック一覧です: The Fight (ザ・ファイト) 『U.H.T.R.N.H.T.B! Promo』:

« Trail of Lies(トレイル・オブ・ライズ) 『WAR(ウォー)』 | トップページ | The Lion's Cage(ザ・ライオンズ・ケージ)  『Raw 2017(ロウ2017)』 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク